2018年2月13日火曜日

【二日酔いにはカツ&タマゴ】日乃屋カレー 東新宿店(東新宿・新大久保)

昨晩の会食で痛飲したさかばクン。
帰宅後、なぜかダイニングの床で寝てた(;゜ロ゜)
その理由は後日判明したのですが、恥ずかしすぎてここには書けない(笑)


翌朝、なんとか起き上がりよろよろと出社。
う~ん、気持ち悪い。。。

午前中は完全に廃人であった。

メシだ、メシをくれ~

こんなひどい二日酔いのときほど、
しっかりメシを食べないと症状が改善されないことを長年の経験でわかっている。

私の"二日酔い解消メシ"は、もっぱらカツ丼だ。

これに何か理由があるわけではないのだが、
卵でとじられた甘めのカツ煮とごはんをかっこむことで、胃袋がらく~になるのだ。

なので、このときもカツ丼を食べるつもりだったのだが、
この「日乃屋カレー」で足が止まってしまったのだ。



店頭のカツカレーの写真に胃袋が即座に反応。
「今日はカツ丼じゃなく、カツカレーを食べよ!」と脳に指令を送ってきた。

カツ丼じゃなくても、二日酔い脱出に「カツ」は外せないらしい(笑)



「日乃屋カレー」は湯島に本店があり、
神田店が《神田カレーグランプリ》で優勝している人気カレーチェーンだ。


同じく《神田カレーグランプリ》で優勝したことがある
関西発のカレーチェーン「上等カレー」には入ったことがあるが、
「日乃屋カレー」ははじめてだ。



細長い店内はすべてテーブル席。
食券方式だ。


オススメとある「名物カツカレー」(840円)生玉子(90円)をポチッとな。

よく考えたらカツと玉子の組み合わせは、カツ丼と同じだね(笑)

2人がけのテーブル席がぎっちり並んでいて、
机間のスペースが狭すぎる。

奥に入ろうとすると、お尻が卓上アイテムにあたってしまうのだ(^_^;)
ここまでぎゅーぎゅーにする必要あんのかなぁ~

私のケツがでかいせいもあるが

(おそらく)韓国人の店主によるワンオペ体制。
天井からつり下がった大きな液晶TVからはK-POPが流れていた。

揚げたてカツに生玉子ON。
ライス大盛り無料サービスということだったので、当然大盛。


▲「日乃屋カレー」の名物カツカレー+生玉子+大盛サービス
よく似てる
▼「上等カレー」のとんかつカレー+生玉子サービス


楕円形のお皿の中央にライス。
ライスの上に10分割されたカツがのる。

ビジュアル的にはよく似たカレーだが、
味は日乃屋の方がスパイシーだったように思う。

またルーの量も日乃屋の方がたっぷりかかっていて、
ルーが足りないと感じることはなかった。

玉子のサイズも日乃屋の方が大きいね。


さかばクン、とくにカレーに造詣があるわけではないので、
正直なところ両者のカレーを比較できないのだが・・・

味わい的にどちらが好みかと問われたら、
私は「上等カレー」だったかな。


そういえば、どちらのお店も生玉子は卵黄だけだったが、
卵白はそんなに不要ですかねぇ・・・

うちの親父は黄身も白身も入れてたんで、
私もカレーに生玉子を入れるときは丸ごとが当たり前だった。

卵白のジュルジュルッとした感じもカレーの邪魔にはならないと思うんだけどな。


あとから、3人のマダムが入店。
彼女たちもはじめての日乃屋カレーだったようだ。

コリアンタウンにお買い物に来たのかなぁと勝手にお見受けしていたのだが、
それならチーズタッカルビとかサムギョプサルとか、
韓国料理のランチを楽しみそうなものだけど、
なんでカレーチェーンに入った来たのかなぁ。

何食べようと自由だけど、ちょっと不思議な感じだったかな(;^ω^)


で・・・
二日酔いはどうなったかって?

大盛りカツカレーを食べて満腹になったら、ほんとに胃袋がすっきり落ち着いたのだ。
カツパワーは効果覿面だ。

午後からはバリバリ仕事に励みましたとさ。


日乃屋カレー 東新宿店
新宿区大久保1-4-15
電話:03-6265-9920


0 件のコメント:

コメントを投稿