2018年3月31日土曜日

【さかばクンVSとおるちゃん 春のGⅠ十番勝負】第1戦 大阪杯

【さかばクンVSとおるちゃん 春のGⅠ十番勝負】開幕です!

居酒屋とおるちゃんとさかばクンの馬券対決。
昨秋のGⅠではとおるちゃんの完勝におわりました。
※秋の結果はこちら→http://kiyotonr.blogspot.jp/2017/12/vs-g.html

「春こそは!」と意気込むさかばクンは、
対決前哨戦となるフェブラリーS、高松宮記念を連続的中!

勢いに乗ってこのまま本番の対決でもガンガン的中したいと思います。

■日程
 第1戦 大阪杯(4月1日)
 第2戦 桜花賞(4月8日)
 第3戦 皐月賞(4月17日)
 第4戦 天皇賞・春(4月29日)
 第5戦 NHKマイルC(5月6日)
 第6戦 ヴィクトリアマイル(5月13日)
 第7戦 オークス(5月20日)
 第8戦 日本ダービー(5月27日)
 第9戦 安田記念(6月3日)
 第10戦  宝塚記念(6月24日)

■ルール
 *1戦の資金は5000円(第10戦のみ10000円)※あくまでブログ上での仮想です
 *点数・馬券の種類は自由
 *10戦を終えて収支が上回った方が勝ち



とおるのけいば

こんにちは😃
大阪杯の予想です。
G 1馬が5頭出走する豪華メンバーとなりましたが、 本命はスワーヴリチャードです。
G1未勝利ですが、地力は互角以上で人気になるのではないでしょうか。 前走(金鯱賞)のように先行して押し切ると見ました。
右回りが苦手との評価がありますが、
中山より阪神の内回りコースの方が上手く立ち回れそうです。

対抗に皐月馬アルアイン。
大阪杯をG1に昇格させた意味を今年は感じるのだが、特にこの馬。この条件はベスト! 年々天皇賞春よりメンバーが揃っていく気がします。

単穴はペルシアンナイト。 皐月賞僅差2着。マイルCS勝ちの実力馬。
前走(中山記念4着)で人気を落とすようなら狙い目です。 この馬は次走は安田記念か。
大阪杯はステイヤーもマイラーも集結する面白いレース。
抑えも勢いある4歳馬。AJCC1、2着のダンビュライト、ミッキースワロー。 脚質は正反対だが、中距離がベスト! このレース向きだ。

同じく4歳馬ウインブライト。
G1級では力不足だったが、2000mに的を絞ってステップレースを1、2、1着。 大阪杯狙いだ。

実績上位のサトノダイヤモンド、シュヴァルグラン、ゴールドアクターは今回は見送り。
阪神(6102)の8歳馬スマートレイアーを抑えに。

スワ-ヴリチャード
アルアイン
ペルシアンナイト
ダンビュライト
△ ①ミッキースワロー
ウインブライト
スマートレイアー

《とおるちゃんの買い目》
馬単 ⑧ ⑤ ⑭ ① 各1000円 
   ⑮⑪ ⑥         各500円


🐴🐴🐴🐴🐴🐴🐴🐴

さかばのけいば

昨年からGⅠに昇格した大阪杯。
大阪杯狙いの馬、次走の天皇賞や安田記念を見据える馬、
陣営の思惑が交錯する阪神2000mの戦い。

さかばクンの本命はサトノダイヤモンドです。
3歳時に菊花賞、有馬記念とGⅠ2勝したものの、昨年春は天皇賞でよもやの3着。
秋はフランスでフォア賞、凱旋門賞と惨敗し、評価を落としましたが、まだ本調子ではないと見られていた復帰初戦の金鯱賞では上がり33.8の鬼脚を炸裂して3着。
スワーヴリチャードには届きませんでしたが、次走につながるレース内容でした。
実績的にステイヤーに見られがちですが、血統的には中距離向きです。
阪神も3戦3勝と相性にいい舞台。
GⅠ3勝目いただきです!

対抗は4歳馬のウインブライト。
3歳時にスプリングSを制し皐月賞、ダービーと駒を進めましたが、8着・15着と大敗。
それ以来のGⅠ挑戦となります。
ステイゴールド産駒らしく、3歳の秋から徐々に力をつけてきて、
明けて4歳になると金杯2着、中山記念1着といよいよ本格化の兆しです。

単穴にはアルアイン。
こちらも4歳馬で昨年の皐月賞馬です。
前走の京都記念は重馬場でクリンチャーの2着に敗れましたが、一叩きされ良化。
大阪杯狙いのこの馬にとっては勝負のGⅠです。
鞍上の川田将雅も高松宮記念を制するなど今年ノッています。

スワーヴリチャード、スマートレイアー、シュヴァルグラン、ミッキースワロー
を抑えとします。

◎ ②サトノダイヤモンド
◯ ウインブライト
▲ アルアイン
△ スワーヴリチャード
スマートレイアー
△ ❹シュヴァルグラン
△ ①ミッキースワロー

《さかばクンの買い目》
馬連 ②ー⑪ ②ー⑧ ②ー     各1000円 
   ②ー ②ー❹ ①ー② ⑧ー⑪ 各500円



さぁ、初戦の結果やいかに!

0 件のコメント:

コメントを投稿