2018年4月11日水曜日

【カオスなワンプレート】鉄板バー はち(大久保)

大久保駅周辺のラーメン店を巡っているとき、目立たぬ路地でみつけた丸っこい赤提灯。
「鉄板バーはち」というお店のようだ。


鉄板バーというのだから、
お好み焼きなどの鉄板メニューをメインとした夜営業がメインのようだが、
ランチもやっているようだったので入ってみた。


カレーと焼きそばの2本立て。
焼きそばは生めんから茹で上げて炒めるのがウリらしい。


ランチタイム口開けの客として入店。

机に鉄板があるものかと勝手に想像していたが、
鉄板調理はすべて店主が厨房でやるんだな。



やはり「名物」と謳われた「カレーのっけ焼きそば」にしよう。


カレーライス・焼きそば・豚ひき肉とコンニャクの甘辛煮。
これらすべてがワンプレートにのっけかれているというわけだね。

店頭の写真から

できあがりを待つ間、夜メニューもチェック。

鉄板居酒屋といえば、下井草にあった「こいくちや」が懐かしい。流行っていたと思うんだけど、急に閉めちゃったんだよねぇ~

おっ!エビス黒ってあるから、生ビールはSAPPORO★かな。


生めん茹でたてってことで、
意外と出てくるまで時間がかかるが、そのぶんワクワク度も増す。

そして、ついに噂のカレーのっけ焼きそばの登場。

なんとも、お子様ランチ的な高揚感をまとったカオスなワンプレートじゃないか!(笑)


どっからどう食べてすすめていけばいいんだろ(^^;


中太麺の生めんはウリにしているだけあって、
弾力あるもちもち感でソースがよく絡んで美味し。


カレーも本格派。
なにがどうって説明できないのがもどかしいが、カレーだけで十分勝負できるよ。


あぁぁぁぁぁ、面倒臭い!
え~い、全部混ぜちゃえ! 
ヤマピカちゃんには「そんなの当然でしょ」って一蹴されそうだが・・・


焼きそばもカレーも一口ライスもコンニャク煮も紅生姜も福神漬けも全部攪拌する。

むむむっ😦

おいおい、これこそ正しい食べ方だったらしい(笑)
一段、二段レベルアップして、めちゃくちゃ美味くなった。


食後にドリンクもついて850円。
いいじゃないですか!


お好み焼きも食べてみたい。
夜も来てみたくなったよ。


場所は大久保駅から小滝橋通りへ抜けていく路地の一角。

いまはやってるんだかやってないんだかわからない
大久保チックな病院の看板が目印(笑)


大久保駅ガード沿いの通りには、こんなかわいい立て看もあるので、
これも目印にしてね♪




鉄板バー はち
新宿区百人町1丁目22−8
電話: 03-5389-0084


0 件のコメント:

コメントを投稿