2018年4月9日月曜日

【トマトで】トマトパスタ【三行レシピ】

トマトの季節がやってまいりました。こめまるです。

他のキヨトメンバーが美食健啖関係で活躍している中、相変わらず地味な投稿であります。

少し前にパスタは食べても太らない旨の記事を読みました。

なるほど。だったらイタリアの人はスマートな人が多いはずだね!(ゲス顔

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180404-00010002-newsweek-int
魚拓とっておこう。

ソースがNewsweekということなので、記事をちゃんと読めば文字通り「パスタは食べても太らない」わけじゃないことが書いてるのでしょう。昔からパスタのGI値は低いと言われているので、太りにくいということはあるかも知れません。食べすぎたらダメなのは間違いないでしょうけど。

というわけでパスタです。この記事を見て、久しぶりに炭水化物たっぷり食べてやろうと思ったのです。単純。

まずはニンニクをオリーブオイルに浸して弱火にかけます。


トマト缶をドバッと撒きます。


塩を小さじ一杯くらい入れます。パスタの塩味があるので、あまり塩を効かせなくても大丈夫。テフロン加工のフライパンなら弱火で放置です。

五分後くらいにざっと混ぜて再び放置してピアノなど練習します。
これを3回ほどやって軽く煮詰まったら完成。

次にパスタ茹でます。

たっぷりの水で茹でるのがコツ。とか言いますが、私くらいになるとヒタヒタの水で茹でますね。


お湯が沸くのが速いからね。ガス代も節約できるし(大したことないけど)。投入する塩の量も減らせるし(大した節約にならないけど)

ヒタヒタパスタの味?私には違いは分かりません。アルデンテ具合も特に気になりません。あ、ただ結構大きめ(内径25cm以上?)の鍋かフライパンがないとキツいかな。(あるいはパスタ折って茹でるか)

茹でる間にトマト切ります。


これもソースにドバッと入れて軽く火を通します。ヌルいパスタでOKなら通さなくてもいいと思います。


茹で上がったパスタを和えます。


皿にダンプして完成です。


トマト缶とトマトとニンニクと塩とオリーブオイルの味です。

美味いっすよ。適当に作っても再現度が高いというありがたいレシピでございます。トマトさんは懐が深いのです。

トマトだけ?

玉ねぎの刻んだの入れたらどうか。ピーマンもちょっと入ってるのが好きなんだよね。ハム、ベーコン入れたら間違いなさそう!ついでに鶏ガラスープの素とか入れちゃう?

いやいや、生トマト&缶詰ホールトマトだけで十分美味いのです。目安は2人前でトマト缶1個に生トマト大一個(小二個)かな。

玉ねぎハムベーコンピーマンパプリカバジルズッキーニ鰯アンチョビ秋刀魚鯖缶、どれを入れても不味くはならないでしょうけど、まずはトマトだけパスタ。オススメです。

.

今週末は土曜はジャズの練習で疲れて、


日曜は事務処理で疲れた精神をジャズ喫茶で癒し、



日曜夜は簡単なトマトパスタで済ませたこめまるでした。(ちなみにタンパク質は妻が作ったシウマイでした)

おしまい。

0 件のコメント:

コメントを投稿