2018年4月24日火曜日

【絶望の】ディナーはペペロンチーノ【パスタ】

こんばんは。2月末から節酒継続中のこめまるです。外飲み家飲み含め、週に1回以内に抑えてます。一切飲まない週の方が多いです。

私がほとんど酒飲んでない件、もう家族ですら興味持ってません。ということはブログ読者にとっても私の節酒なぞ全くどうでもよいことであって(キヨト読者であれば尚更)、そろそろ書くの止めようと思ったんですけど、節酒してる当人はまだまだアルコールに微妙に囚われている状況なので、何となく書いてしまいます。

アルコールに囚われるとはどういうことか。
朝、出勤途中でナニゲに「今日は飲むか?」と自問するわけです。「多分飲まないな」と頭の中で答えます。
仕事中も、2、3回自問自答します。やはり「多分、飲まない」と思います。
夜。風呂入ってる時に「バーボンソーダ飲むか?」というアイデアに迫られます。これはたまらんですね。一瞬滅茶苦茶飲みたくなります。目の前に差し出されたら絶対飲む。一呼吸二呼吸置いて、・・・ただの炭酸水にしとくか。という感じで踏みとどまる。

これを毎日やってますね。結局飲まないんだけどね。今週に買ったMaker's Markも未開封だし。

うーん。不思議だ。かつての生活との変わりようは如何。

変わったと言えば、甘いものを結構食べるようになりました。食後に甘いチョコとかつまみます。先日はプッチンプリンなど久しぶりに。突然食べたくなりました。数十年振りです。なかなか美味かった。妻は「あんなのはプリンじゃない!」とのことで子供に与えてこなかったようです。食べさせてみると大好評です。さすがロングセラー。あれ何で出来てるんですかね。卵なんてほとんど入ってなさそうな食感です。原材料見たら卵粉(何だそりゃ)に寒天とありました。逆に感心しますわ。

さてさて、この日は絶望のパスタ、ペペロンチーノです。


どうして絶望パスタなのか。諸説あるそうですが、どうでもいい
恐らくは貧乏ったらしいからでしょうな。

冷蔵庫に何もないから仕方なく作るパスタ。
面倒くさいから昼にサクッと作って食べるパスタ。
ディナーで頂くパスタではなさそうです。


それを、何でわざわざ夜に作って食べたかといえば、下の子が部活の合宿、妻が外出で、上の子とボケーっと食べる夕食だからです。あとは面倒臭かったから。

でもまあ、流石にペペロンチーノだけではいかんと思って、ベビーリーフと生ハムトッピングしてみました。

ついでにSNS受けも狙ってみたわけ。

さあ!どうです!この贅沢感!


・・・うーん。
ビミョー。

贅沢感も何も、相変わらずただ「ダンプ」したって感じですな。

試しに混ぜてみた。


これはこれでヘルシーで美味そうだけど、ペペロンチーノ感は皆無となった。

やっぱ盛り付けってセンスですね。私にはどうやら盛り付けのセンスはない。(知ってた)

なおサブアイテムは妻から「そろそろ悪くなりそうだから使って!」と託されたもやしのスープ。貧乏スープ。

ベビーリーフが200円、生ハム150円で、かなり安くついたディナーでした。

ところで、ペペロンチーノに相当する和食「絶望のご飯」ってなんですかね。

卵かけご飯?
・・・違うな。それなりにテンション上がるし。

納豆ご飯?
・・・これも違う。むしろ鉄板な感じ。

味噌汁かけご飯?
・・・うーん、味噌汁があるだけ上等ですな。

それとも、塩ご飯とか、醤油かけご飯とか?
これに近いかな。

昔、学食で外国人留学生が、ライスLに醤油ぶっかけて食べてたことを、ふと思い出しました。

おしまい。

0 件のコメント:

コメントを投稿