2018年5月7日月曜日

【ハニカミ店主の立ち飲み屋さん】きんらん(駒込)

養老乃瀧」を出て、もう1軒ようろう(^^ゞ

駒込駅東口を出て、左手にすすむと「ひろし」、
右手にすすむと「きんらん」という人気の立ち飲み店があるのだが、
この日は「きんらん」を選んだ。


むむむ。
エビスの文字があるということは、もしや瓶は・・・


はい♪
赤星でスター



短冊にある定番メニューとホワイトボードのおすすめメニューをまずは吟味。




ミョウガ油揚げ和え(250円)
ミョウガと油揚げと水菜をポン酢で和えてるが、これさっぱりしていて美味い。


ねぎま串(250円)
タネが大きくて2串250円はお得だし、鶏肉はほどよく皮がついていてジューシー。


「きんらん」という店名は「きんらん」という地酒に由来しているようだ。
せっかくなので頼んでみよう。


「錦爛」って書くのか。
山形県高畠のお酒だ。


日本酒となれば、海の物が食べたい。

ホタルイカ(400円)を追加。
みずみずしくぷりっとした綺麗なホタルイカが登場。

一口食べて・・・
ん? この食感は!?

むむっ!
ホタルイカの目をちゃんと取ってあるわ!


立ち飲みレベルでここまでするとは。
丁寧な仕事ぶり感心して店主に「ちゃんと目を取っているんですね」って声をかけたら、
とくに会話は続かなかったけど、ニコッとはにかまれた店主。

(よくぞ、気づいてくれました)って心の中でガッツポーズしてくれてたら嬉しいな。

1月にヤマピカちゃんと駒込ツアーを敢行したときに
2018年は「駒込」の時代じゃぁ!〉と書いたのだが、
それが間違いでないことを確信できた「きんらん」クオリティ。

これまで入った立ち飲み店のなかでも、かなり気に入ったのでまた来よっと♪

柿ピーは100円

そういえば、
「きんらん」の先にある「松本」という焼鳥屋の店頭にも錦爛の箱が積まれていた。

そんなにあつかっているところが多いお酒じゃないし、
焼鳥のクオリティは高かったし、なんか関係あるのかな・・・


きんらん
北区中里1丁目6−4
電話: 03-3822-2670







0 件のコメント:

コメントを投稿