2018年6月30日土曜日

梅干しのススメ

ご無沙汰しています。こめまるです。5月病はほぼ終えました。

続く梅雨の期間は毎年ダルいんですが、その梅雨がさっさと明けちゃって、これはこれで困った気分です。ダルさが続かないと調子が出ないというか。変な話です。

酒は週に1、2回、ウィスキーを少量を嗜む程度に落ち着きました。夜に飲まなくなってから(あるいはウィスキー少量に抑えるようなってから)、Wordpressの勉強始めました。ジャズ関連のページ立ち上げて、インフラ〜サーバサイド〜デザインまで一人でカバーしようと頑張ってるところです。

さて、梅干しのススメです。

まあ、今から仕込めないんですけどね。 ははは。来年はぜひ。

しょっぱい無添加の梅干しです。三年前から毎年1kg漬けてます。塩は18%くらい。家族4人。たまに梅和え作ったり、たまにおにぎりに混ぜる程度なら、一年に1kgくらいでちょうどいいです。

去年はリサーチ不足で、青いまま漬けたら梅酢が上がるのが遅くなってしまい、カビ生やしました。梅酢をコーヒーフィルタで漉したり、干して白カビ剥がしたり。問題なく美味しく食べられてますが、面倒臭かったな。

今年は少し熟したやつを使用。若干青みが残ってる感じです。今思えばもう2、3日追熟させればよかった。
梅酢が上がるのに十日ほどかかってしまい「ありゃ。またカビ生やしちゃったよ」と撮影したのがこれ。


晴れたら取り出してカビ取るか(メンドクセー)と思ってしばらく放置。


今日見てみたら、問題のカビ?は綺麗に消えてました。

改めて写真見たらこれはどう見ても塩・・・か?。粒状テクスチャだし。うん。これは塩だね。(薄暗い中で先入観持って観察したからカビに見えたか?)

結果オーライです。干した時に気になるものがあれば取ればいい。


赤紫蘇漬けは出来合いのものを使用しました。

原材料は国産の赤紫蘇&国産梅酢オンリー。1kg用で量もちょうどOK。


これが198円。赤紫蘇の葉も売ってました。これが398円。うーん。値段がおかしいぞ。確かに葉っぱの方が量は多そうだけど。まあ、赤紫蘇漬けは塩して絞るだけだから、機械で簡単に作れるのかも。

7月の中旬くらいに3日ほど干したら完成する予定です。

自家製の梅酢と梅干しがあるというのも、なかなか牧歌的でよろしいかと。

ということで(どういうことだ?)キヨト読者のお父さん、ぜひ来年はチャレンジしてみましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿