2018年9月30日日曜日

【2018秋のGⅠ対決~さかばクンVS とおるちゃん】第1戦:スプリンターズS

さかばクン VS とおるちゃんのGⅠ勝負。
この秋、三たびの対決。

過去2回の結果は・・・

2017秋
〇とおるちゃん   4勝 8敗 -¥11900 
●さかばクン    2勝10敗 -¥49500

2018春
〇とおるちゃん 3勝 7敗 +¥21350
●さかばクン  1勝 9敗 ー¥42450

過去2回の対決は、さかばクン、まったくいいところなしの完敗なのだ。。。

今度こそはと、とおるちゃんに「この秋も競馬対決やりましょう」とお願いしたら、喜んで快諾してくれたのだが、その表情はもはや余裕すら感じたよ。

悔しい。。。

もう大きな事は言わないぞ。

この秋はとにかく勝ちたいです(^^;
競馬の神様、どうかさかばクンを勝たせてください_(._.)_

この謙虚な気持ちを忘れずに15戦の長き戦いに挑もうと思う。

今回もルールは同じ。
毎回5000円の資金で買い方は自由。
最終的な収支で多い方が勝ちとなる。
ただし、ラスト2番(有馬記念・ホープフルS)の資金は10000円とする。


いつもは【とおるのけいば】を前に掲載してたけど、入れ替えてみよ♪
さかばのけいば

絶対王者・女王が不在のスプリンター界ですが、そのなかで5歳になって本格化したファインニードルを本命とします。
好位をとれる先行力、抜群の安定感、重馬場への対応力からも軸馬として堅いでしょう。

対抗はアレスバローズ。
夏の上がり馬の勢いと重馬場適性から期待します。

単穴はキャンベルジュニア。
1200mはやや適距離から短いものの、(2301)と中山コースとの相性を買います。

相手には実績を素直に評価、GⅠ馬レッツゴードンキ、セイウンコウセイ
モレイラとルメールの騎手買いでナックビーナスとムーンクエイク。

大穴は重馬場得意のヒルノデイバローで内ラチ沿いからの強襲に期待。

⑧ファインニードル
⑤アレスバローズ
⑦キャンベルジュニア
⑩レッツゴードンキ
⑪セイウンコウセイ
⑫ナックビーナス
⑮ムーンクエイク
☆②ヒルノデイバロー

【さかばクンの買い目】
馬連
⑧ ⑧ 各1000円
⑦ ⑩ ⑪ ⑫ ⑮ ⑧ 各500円


とおるのけいば

はーい。レッドファルクスも3連覇。とおるちゃんも3連覇を狙います!
春の高松宮記念、安田記念で大敗しましたが、いずれも4コーナー最後方からでは届かない。上がり3ハロンでは33秒台の脚を使っているので、問題は位置どり、理想は7、8番手だが、10番手以内なら差し切ると見ました。

対抗はファインニードル。 今年になってから高松宮記念を含めて1200mの国内重賞を3連勝。安定感と勢いならこの馬だ。

単穴はセイウンコウセイ。 夏の函館で久しぶりに勝ち復活の兆し、週末は雨必至で時計のかかる馬場も向いている。

抑えにはレッツゴードンキ。 成績にムラがあるものの、1200mG 1(スプリンターズS、高松宮記念)連続2着でここも好勝負。

これに今季充実のアレスバローズ、ナックビーナス、1200mまでなら連対率87%(2510)のラブカンプーまで。


⑯レッドファルクス
⑧ファインニードル
⑪セイウンコウセイ
⑩レッツゴードンキ
⑤アレスバローズ
⑫ナックビーナス
⑨ラブカンプー

【とおるちゃんの買い目】
馬単
⑧ ⑪ ⑩ ⑤ 各1000円
⑫ ⑨ 各500円






2018年9月28日金曜日

【大事に味わいたい美味し焼鳥】焼鳥 宮屋(荻窪)

ヤマピカリャーです。

さて今回は荻窪。なにやら美味い焼鳥屋があるって事だったんで、さかばクンさんに連れていってもらった!焼鳥 宮屋って所。

晩杯屋行くまでに何度も前を通っていたが目に入ってなかったな笑

階段で上って行ってしまったが、エレベーターもあったわ笑

店内はとっても綺麗。L字型カウンターがスコーンとあって、4人がけ程度のテーブル席が2つ3つあった記憶。炭火でモウモウとした・・・という雰囲気では一切無い。こりゃ高級路線っぽいな。

いいじゃないですか

メニューを拝見するわけだが、やっぱり普段行くような焼鳥屋の価格ではない(^_^;)焼鳥のメイン価格帯は300円~といった所。

このメニュー記載の行間の空け方、余白の作り方なんか既にもう意識高い笑。ビオワインとかも置いちゃってるもんね!

ビオワインと一品

焼き鳥や焼き野菜、〆しめなど

ドリンク類

日本酒

ビオワインのリスト

ただ、たまにはこういう焼鳥屋も良いよなァ~・・・。

いや、まぁ、焼鳥に限らずなんだけど…。なんか、こう、割と値段する美味し肴を少し摘んで、クイと酒を飲み干す的な・・・。センベロ的大衆酒場ばかりだと心が荒んできちゃうんだよな笑

とは言えコストパフォーマンスが重要な要素であることは共通でして、取り合えず、サッポロ黒ラベルで乾杯しつつ、慎重にメニューを検討す。

かんぱ~い!

因みにお通しは大根おろしシラス乗せと枝豆だ。シンプルなのになんだか美味いゾ・・・。素材そのものが良いのだろうか・・・。

しみじみと美味い

さて最初にオーダーしたのは抱き身刺。やっぱり刺身からいきたいもんなァ~!

これは綺麗だ・・・!

「抱き身」とはなんとなくエロティックな響きだが、部位は胸肉とのこと。タレにつけて頂く訳だが、これが・・・ちょぉぉぉぉぉぉウンメシィィィィィィィ!!!!!熟成でもさせているのかってくらい、シットリとした食感と旨味。そしてタレが最高に美味い。これは・・・何枚でも食いたい逸品!!!

瑞々しい

ンゴゴゴゴとサッポロ黒ラベルを飲み干し、日本酒に行く前にもう少し喉を湿らすかっつーことで、赤星一本。

やっぱりラガーも美味いよな~!

焼きのメニューは結局おまかせ五本(1,350円)とした。

1本目・・・ささみわさびちょおおウンメェェッェェェェェ!!!仄かに炭のかほり、また良っしぃぃぃぃぃ!!旨味が舌の上から抜けんぞい!

照り照りとした輝き。塩の塩梅もよかね~~!

火の通り加減も最高や!

2本目・・・ねぎま、プリンとジューシー過ぎやろ!うんますぎぃぃぃ!塩の塩梅も最高や!肉の旨味すごす!

しっかりとした肉質で食い応えある!

ここいらで日本酒を挟みましょうかね。ヤマピカはさっぱりわかっていないが、今日は日本酒好きのさかばクンさんがいらっしゃる。「ヤマピカちゃんは風の森が好みだろうね~」ということでソレをば笑 さかばクンさんは作 恵乃智で!


日本酒をチビチビやりながら焼鳥ってのもいいよねぇ~

なんとも美しいガラス製の酒器に移されて供される。余裕で半合以上はありそう

かんぱぁ~い!

3本目・・・つくね、柚子が少々使われている。肉感凄過ぎ!食べるほど、口内にヨダレが溢れかえるぞ!!

ジューシーな塊

4本目・・・つなぎぃぃぃヤマピカの大好物やないかぁぁぁ!!!マッタリとしたレバみとコリコリした食感共存、奇跡の部位やでぇぇぇぇぇ!

久しぶりに美味しつなぎ食ったわ!

5本目・・・期待しとった手羽先や!!タレ焼きだがタレタレしとらん!なんちゅーうまさじゃい!焦げ目をハサミで削ぎ落としながら焼く丁寧な仕事っぷりを遠目から眺めとったが、完璧な焼きだ!

かなりのボリュームで食い応えあるわ~

夢中で骨までしゃぶり倒す!!

っつー訳で宮屋でした。凡そ4,000円台@1人だった記憶だけど、この美味さなら文句は無し!1品とお任せ5本コースだけだったけど、一串のボリュームも結構あるし、お腹もワリと膨れたな。何より美味い物で満たされる感覚がよい笑

ご馳走様~!とお店を後にした時に気が付いたが、野郎二人カウンターで飲んでいるのは我々だけだった・・・。後は男女のカップルが多く、なんだか「日○おとなのOFF」的な雰囲気が漂っていたな(^_^;)(たまたまだろうけど) 

ウワサでは特製鶏中華そば(醤油or塩)も美味いってことらしいんで、また再訪しよ~っと!!


店名:焼鳥 宮屋
住所:東京都杉並区上荻1-4-7 流動ビル2F
TEL:050-5594-1537
営業時間:日曜営業 18:00~翌0:00

2018年9月27日木曜日

【よくできてるよなぁ~。天丼はかくあるべき】天丼 てんや(石神井公園)

てんてんどんどん てんどんどん♫

天丼チェーンの雄、「てんや」に久々の訪問だ。

大好きな穴子天とメゴチ天が入った海鮮丼のPOPが店頭に出ているのを見て気になっていたのだが、最終的に背中を押したのは数日前に某所で食べた天丼のおかげだ。


でっかく〈本日のお奨め〉とあったので期待して「海老とキスの天丼とそばのセット」を頼んだのだが、出てきてビックリ、食べてガッカリだったのだ。

天丼はご覧のとおり海老1本・キス1尾・茄子天でご飯の量も少ない。
ならば蕎麦はいけるだろうと食せば、味こそフツーながら量は6分程度の盛り。。。

これで1080円はなかろう。
町蕎麦なんだからこの値段ならば相応のボリュームと満足感が欲しい。

店内ではちょうど中学生が職業体験で一生懸命働いていたので、終始笑顔で店をあとにしたが、店を離れたらだんだん納得がいかなくなってきたのだ(笑)
 

話をてんやに戻す。

これでは"天丼リベンジ"したくなるでしょ(笑)
だから「てんや」に飛び込んだと行くわけだ。


予定通り「海鮮丼」を選び、特別価格980円になっていた小鉢セットにした。


まずは昼ビー。


ほうれんそうときんぴらゴボウの小鉢は、ハイカロリーな天丼を喰らう罪悪感を和らげる効果とビールのアテという使命も帯びている。


煮穴子・メゴチのほかに海老・大イカ・海苔・いんげんとてんこ盛りの海鮮丼。
単品だと860円(税込)なのだから、やはり「てんや」はよくできとるわい。


店内のカウンター席も高齢者のおひとりさまで賑わっているし、お土産で買いに来るお客さんも次々と来店する。

幅広い年齢層が暮らす石神井公園では高齢者も気軽に食事ができるチェーン店として人気のようだ。
たしかに、牛丼、とんかつ、家系ラーメンでは、お年寄りにはしんどいものね。。。

「てんや」の強み、強さ、そして美味さをあらためて実感できたよ。

レギュラーの天丼もいいいのだが、どうしても季節メニューの天丼に惹かれてしまう。
これから秋・冬は何かな。
楽しみだ。


天丼 てんや 石神井公園店
練馬区石神井町3丁目18−13
電話: 03-5910-8171


2018年9月26日水曜日

【創業53年、御年83歳のご主人が揚げてます】とんかつ よねだ家(東長崎)

半ドンサタデー。

さぁ、上がるぞ〜
どこで昼ビーしてこーかな?😚

ってツイートしたら、
すぐさまヤマピカちゃんが反応してくれて、あっという間に東長崎で落ち合うことになった。

このあたりのフットワークはお互いアホだと思う(^^;

向かった昼ビー先は、「とんかつ よねだ家」だ。

この先にある「ラーメン西ちゃん」に行ったときに見つけて気になってたお店なのだ。


とんかつ屋なのに店名が入った〈よねだ家定食〉にとんかつは不在なのね・・・(笑)


半地下のお店、店頭にはディスプレイ。


A~Dの定食も・・・
とんかつの存在感がない(笑)


店内は厨房に沿って長いカウンター。


右手には座敷席。


まずは瓶ビールで乾杯!
お通しが味付け海苔ってあたりにくすぐられる呑兵衛2名(笑)


いろんなメニューがあってあれこれ考えたけど、やっぱツートップにしよう。

ランチタイムサービスと書いているけど、ランチ定食は16時まで。よねだ家定食は閉店までオーダーできるんだね。

私が〈よねだ家定食〉

ここにも味付け海苔(笑)

エビフライ・なすみそ・チキンかつ・メンチカツ・ハンバーグ


ヤマピカちゃんは〈ランチ定食〉


ひれかつ・玉子焼き・チキンカツ・メンチカツ・ウインナー


定食だけだと味気ないので目玉焼きを単品でオーダー。


恒例のモーセの十戒\(^O^)/
でも、まだ食べないよ。


レモンサワー。
ぐぐっとする濃さじゃないの~


え~い!
飲んだら胃が拡張してきたわ!

イカフライも追加じゃ。
これがまた柔らかくて驚いた!


当然おかわりじゃ。
またもグッとくる濃さではないか。
さっきのがたまたま濃かったわけではなく、この濃さがよねだ家スタンダードなのね(^^;


さぁ、ここでようやく目玉焼きの出番さ。

目玉焼きはあとからオーダーすれば良かったと悔いたが、
ごはんに冷えた目玉焼きをのせ、再三登場している味付け海苔をちぎって"ヤマピカ丼"にする。

さすが、ヤマピカちゃん。
美しい盛りつけだ。


それにひきかえ、さかばクンの"ヤマピカ丼"は美しくない。。。(T_T)
残ったマカサラまでのせてるし(笑)


ヤマピカちゃんが「やっぱり熱々の味噌汁が欲しいっす」とお味噌汁のおかわりをお願いしたらよそってくれた。
ありがたや。


14時頃の入店だったせいもあるがお客さんは終始我々だけ。
のんびりとサタデー昼酒を愉しんじゃったよ。

高齢のご夫婦が営んでいるので、
「いつからやってらっしゃるんですか?」とお尋ねしたら
「1965年だよ」とご主人が即答。

創業53年ってことですか!
しかもご主人は御年83歳ですって

この東長崎の地でず~っとお店を続けてきたんだって。

厨房ながめながら思ってたんだけど、
とても掃除が行き届いていて実にきれいなんだよね~

そういや表のディスプレイだって綺麗だったもの。

いいお店、長く続くお店ってのはこういうところだよね~
なにごとも凡事徹底さ。

「昔はもっと学生がいたんだけどねぇ・・・」って少し寂しそうだったけど、
2020年東京オリンピックまではお店を頑張りたいとおっしゃっていたご主人。

それって昨今話題の【とんかつ2020年問題】とまさに合致しちゃうんだけど、
お体を大切にせひとも頑張ってください!

↓【とんかつ2020年問題】についてはこちらをクリック
http://bunshun.jp/articles/-/34


しまった!
気づけば結局、とんかつ食べてないや(笑)
今度はかつ丼食べに来ますね。


とんかつ よねだ家
豊島区南長崎5丁目31−10
電話: 03-3952-2954