2018年11月29日木曜日

【香箱蟹!天然鰻!熟成酒!紹介制の鉄板焼き屋】潟潟ヤ(高津)

7月下旬、知人から「潟潟ヤさんの予約が11月にとれたので行きませんか?」とお誘いをいただいた。

潟潟ヤ???

私は存じ上げぬ店だった。

すぐにネットで調べる。

東急田園都市線高津駅といった急行も停まらぬマイナーな駅にあるにもかかわらず、(吉高ちゃんがCMをやり始めた)某食べログで4.14も叩き出しているとんでもない鉄板焼き屋ではないか!(11月25日現在 さかばクン調べ)

しかも紹介制でず~っと先まで予約で一杯というのだから、これはすごすぎるぞ。

7月の時点で11月の予定を確定するというのは少々自信が無かったのだが、こんな機会はそうそうない。
万難を排して臨む覚悟で参加の意志を表明した。

それから約4ヶ月。
運良くその日だけは仕事や雑事に妨害されることなく、無事にその日を迎えることができたのだ。
田園都市線が人身事故で高津駅にたどりつくまですったもんだがあったんだけどね(^^;

後方にテーブル席を用意することもあるようだが、基本は6人のカウンター席のみだ。
しかし、この日はさらに贅沢なことに我々の4人グループだけで貸切なのだ。


まずはBALLAST POINTで乾杯!
アメリカ・サンディエゴのブルワリーのIPAだ。

先付
白海老の巻き寿司(酢飯ではない)
ごり・たこ・たまご


そして、「潟潟ヤ」さんは鉄板居酒屋というだけでなく、もうひとつの顔がある。
それはしっかりと常温管理された熟成酒の揃いが素晴らしいことである。


あまりに種類が多いので、店主におまかせでどんどん出してもらうことにした。


本日のメインのひとつ。
香箱蟹
なんて美しさ。

蟹を剝いてこのように綺麗に盛りつけるのは本当に手間暇と時間がかかる。
この季節にしか味わえない贅の極みだ。

熟成酒とも実によくマッチする。


マツカワガレイ・はだての雲丹・いくら

ぶりの燻製 辛味大根のお出汁


北海道生あん肝 カブソース

ここでいよいよ鉄板の出番だ。


焼いている間もどんどん飲み倒す4人(^^;


店主が「白い四川」と称したこちらはベトナムの黄色い唐辛子を用いており、ビリビリ痺れる系だ。
ボラの白子と佐渡の本アラを湯葉で巻いている。
んまっ!


さぁ、メイン第二弾は利根川の天然鰻

デカっ!
このサイズでないと仕入れないという。

蒸さずに鉄板で焼く。


焼いている間に椀物がだされる。
鰻と松茸だ。

いい感じに焼けてきたぞ~


蒸してないので鰻の肉の弾力というか反発力がものすごい。
脂もよくのっているがしつこくなく口の中でとろけていく。



鵡川の雄ししゃも

北海道ラムバーグ

4年熟成真空カラスミ

ラムバーグ完成
実はラムってすこし苦手なんだけど・・・これはまったくラム臭さがなく、気にせずいただけた。


鴨ステーキ



店名からわかるとおり店主は新潟出身なのだが、今日は新潟のお酒が1本もなかったような・・・(^^;


そして、〆にはなんとラーメン!

牡蠣と玉ねぎのポタージュスープのラーメンだ。
上にはいもフライが乗っている。

牡蠣1㎏使っているんだって!!!
ラーメンというか、極上のスープに麺が入っているという感じ。


干し柿と生柿のカッサータ 
砂糖は使用していないとのこと。
ライチ茶といただく。

「潟潟ヤ」さん、来年で開店から20年になるそうだ。
各界の著名人も訪れるような名店が都心から離れた静かなアパートの1階にあるとはなぁ。

鉄板というスタイルにも驚いたし、同じメニューは出さないという店主の引き出しの多さとセンスの高さにも感服した。
熟成酒へのこだわりも強く、独特の〈世界〉を感じるお店だ。

これだけのお料理とお酒を出すのだから、お値段もそれなりであったが、都心の"お高い"お店で大枚叩くより十二分に価値のあるお店だ。

店主のトークも楽しく、時間もあっという間に過ぎていた。

地理的にも金額的にも滅多には来られないだろうが、もしまた機会があるなら、今度はぴょんさんも連れて来ないと怒られそうだ・・・(^0^;)

「潟潟ヤ」の〈世界〉にいざなってくださった皆様、ありがとうございました。


潟潟ヤ
https://gatagataya.com/
川崎市高津区溝口4丁目8−23 シルクコーポ 1F
電話: 070-6526-4494


2018年11月28日水曜日

【ビッグブルーをみんなで盛り上げよう!】ラーメンHOUSE たなか(石神井公園)

B3リーグのレギュラーシーズンが11月17日(土)に開幕!

石神井を本拠地とする東京海上日動ビッグブルーの開幕戦にヤマピカちゃんと行ってきた。

昨シーズンまでの古い体育館は解体され、きれいなスポーツセンターとして生まれ変わったので、開幕戦が新体育館での初公式戦となる。


・・・のわりにはスポーツセンター周辺がおとなしい(^_^;)

石神井公園の商店街でもビッグブルーのポスターや開幕戦のPRとかを見かけたことってほとんどないんだよねぇ。。。

前にも書いたけど、なんでもっと地元と連携しないんだろ???


・・・そんなだから、開幕戦だというのにいつものゲームとさほど変わらぬ観客数と雰囲気なので少々面食らった。

でも、石神井のムシキングことTJご夫婦と体育館でバッタリ。
今回が初観戦だという。
こうやって地元でだんだん認知されてお客さんが増えるといいんだけどね。


開幕戦らしいイベントと言えば、公募されていたビッグブルーのキャラクターであるカジキマグロの名前が発表されたのだ!





実は密かにさかばクンも応募していたのだが・・・



ジャカジャカジャカジャン♬

ブルルンです!
残念ながらさかばクンは名付け親になれなかったけど、
この声優さんがかわいいから許しちゃう

今日の相手は鹿児島レブナイズ。
鹿児島はさかばクン父の生まれ故郷。
ついつい鹿児島も応援したくなってしまう(^0^;)


さぁ、ティップオフ!



前半終了時点で8点ビハインド。
後半の巻き返しを期待しよう。

ハーフタイムショーはソノライフのステージ。


練馬を中心に活躍するユニットのようだ。
ソノライフ公式HP→https://www.sonolifemusic.com/


後半!



ゲームは新加入のマレー選手が攻守にわたって獅子奮迅の活躍を見せていたが、鹿児島レブナイズに76-86で敗れた。


バスケど素人の私が言うのもなんなんだが、3ポイントシュートの精度が他のチームと違うんだよなぁ。

3ポイントを打たせない
3ポイントをしっかり決める

「勝つにはこれだよね~」って偉そうに解説しながら、ヤマピカちゃんと体育館をあとにする。



試合後、我らが向かった先はビッグブルー公認ラーメン屋さん(?)
「ラーメンHOUSE たなか」だ。

ビッグブルーの選手たちは「たなか」でよく食べるようで、店内にはのぼりがしっかり飾られている。

このときも私がビッグブルーTシャツを着ていたせいもあって、入店するなりご主人から「惜しかったね~」って言われた。

もう試合結果を知っているあたり、ご主人は熱烈なビッグブルーブースターではないか(笑)


試合で勝ち星をあげることはできなかったけど、
明日の勝利を願ってこちらので乾杯しよう!



ヤマピカちゃん、とにかくソース焼そばが食べたかったようで即決していた。


んんん????
ソース焼きそば、まえの壁には750円とあるが、こっちの壁には900円とあるぞ。
五目焼きそばとおんなじ値段をまちがって書いちゃったのかな(^^;

750円だろうが、900円だろうがヤマピカちゃんはソース焼きそば一択だ。


私は「期間限定品! 若鶏のごぼう包み揚げ」にした。
炭水化物は極力こらえているのだ。


とは言うものの、こんなに美味そうなソース焼きそばが目の前にあらわれれば、当然ひと口、ふた口、み口ともらって食べちゃったんだけどね😅


15時の休憩時刻をゆうに過ぎていたのにビールおかわりして長居してすんません。
ごちそうさまでした!


そして、15時30分、今度はこちらの開店時間だ
完璧な休日の過ごし方ではないか(笑)


東京海上日動石神井スポーツセンターでおこなわれるビッグブルーのホームゲーム、12月は以下の3試合です🏀

12月8日(土) 13:00~ 岩手ビッグブルズ 
12月9日(日) 13:00~ 岩手ビッグブルズ
12月23日(祝)13:00~ アイシン・エィ・ダブリュ アレイオンズ安城

私も昨年はじめてバスケの試合を観ましたが、バスケに詳しくなくても大丈夫。
目の前で繰り広げられる躍動感あふれるプレイは迫力があってスピーディーで目が離せませんよ。

ぜひ1度観戦してみることをオススメします!
そして、観戦後は「たなか」でを♪


ラーメンHOUSE たなか
練馬区石神井町6丁目9−1
電話: 03-3997-4129