2018年12月31日月曜日

【2018年振り返り】じゅにあ的アイドル楽曲大賞

さてさて今年も大晦日。アイドル曲10選を選ぶ日となったわけです(勝手に!)。しかし今年は勤め先でもドルオタ属性が周知され、思いもよらぬ人から有益な情報をいただり、社内アイドル部(2名)を作ってみたりと、なかなか濃い1年ではありました。

んなわけで、今年もカウントダウンいってみましょう!

【10位】
まねきケチャ/きみわずらい


この曲を聴くと、私の凍てついた恋心を3.5秒くらい解凍する威力を持った名曲だ。完全に今年の曲の印象がなかったが、音源化されたのが今年だったようだ。これを聴きながら軽く泣きそうになった思い出、カラオケでご迷惑をお掛けした思い出がよみがえる。


【9位】
ラストアイドル/好きで好きでしょうがない



かわいい娘に「好きだ」を80回、「ごめん」を32回連呼させるところに秋元康の露悪的な真骨頂を感じる。とにかく、これだけの数の美少女が連呼している姿は圧巻。なかでも、私の一押しは松本ももなちゃんだったりして、Twitterでもっとも「いいね」を付けてしまった1年であった。来年こそは現場で、ももなちゃんがいっちゃんかわいいよ〜!!と叫びたい(笑)。


【8位】
でんぱ組.inc/おやすみポラリスさよならパラレルワールド


ドルヲタをカミングアウトしてると社内の方から良曲を教えていただいたりする。この曲もそうなのだが、H ZETT Mというジャズピアニストを迎えての意欲作。おそらく最上もが脱退後初シングルですよね。今年のアイドル楽曲大賞あたりでランクインすると思いきや、21位と意外にも苦戦。グループは脱退加入を繰り返してますが、でんぱ組が痛快な曲を出していないとアイドル界が盛り上がらない!


【7位】
乃木坂46/帰り道は遠回りしたくなる



西野七瀬というアイドルほど評価の難しいひとはいない。かくいう私もこの人の良さが理解できなかった。いたって普通なのだ。そのへんにいそうな女の子なのだが、一度かわいいと思うとその沼から抜け出せない。そんな彼女の卒業ソング。とにかく曲の透明感が素晴らしい。2019年は西野さんの卒業後の活躍が期待されます!


【6位】
NGT48/世界の人へ



NGT48の曲はどれも粒ぞろいなのだが、今年もっとも正統派のアイドル曲といえよう。何といっても新進気鋭の監督、長谷井宏紀が撮影したMVが素晴らしい。そして監督のコネで浅野忠信までナレーションしていてかなり豪華。通常のアイドルでは撮らないような角度からの描写が見ものだ。


【5位】
ライムベリー/ちょとやってみただけ



アイドルラップはリリカルスクールとライムベリーが確立したといっても過言ではないだろう。ライムベリーの素晴らしいのはそのジャンルの裾野を一歩広げているところだ。本曲は割とロック的要素も取り入れ、ドラムとギターの鳴り方が本当にかっこいい。それでいて、ちゃんと世界に対して中指突き立ててる感じを失ってないのです。


【4位】
AKB48/NO WAY MAN


はい、今年も世間の皆さんから嫌われてたAKB48からのランクインです。ライムベリーとどうしても並列で語りたいが故に並べたのだが、この曲は「ちゃんと自分たちが嫌われてること」に対してきっちりと反応してみせた点において、アイドルラップなのである。「投げ出すんじゃない/最後の最後まで/番狂わせだって起こりうるんだ」「死んでもいいよいいよ don't cry」など、かつてのAKBではまず歌詞にしなかった世界を表現している。一時期と比較すると相当苦しい状況なのだろう。だからこそ、がむしゃらに睨みつけている彼女らの姿が美しくも映えるのである。

【3位】
ゆるめるモ!/逃げない‼︎



今年仕事でやなことがあった時にもっとも励まされた一曲だ。いや励まされたとかいう言い方は嫌いなのだが、ゆるめるモ!の独特な脱力感と歌詞世界は十分にひとりの社畜系サラリーマンを救っている。そしてライブでは、あのちゃんが絶叫しながらのたうちまわる、その狂い方だ。絶望が深ければ深いほど表現は研ぎ澄まされる。今年も頑張れゆるめるモ!。


【2位】
IZ*ONE(PRODUCE48)/PICK ME



さて、最後2組は「絶望」とか「抵抗」とかには無縁のグループが入りました。48Gの海外戦略において、韓国に対する進出の仕方は政治的なリスクも考慮に入れつつ、相当気を使っているといえる。日韓混合のオーデション番組で残った12名で編成されたグループで、48GからはHKT宮脇、HKT矢吹、AKB本田が加入した。個人的には最初から売れることが約束されたグループだと思っているのだが、特に宮脇咲良がアジア圏でどこまでやれるかは今後の見ものだ。


【1位】
乃木坂46/シンクロニシティ



2018年において、抜群の安定感を誇っていたのはやはり乃木坂46である。どちらかというとアンチ側の私であっても、神宮と秩父宮を埋め尽くしたシンクロニシティライブは驚愕せざる得ないものだった。そして地上から地下を見渡しても、このシンクロニシティほど、万人の心を打った曲はないだろう。悔しい限りであるが、乃木坂46はまったく負ける気がしない。この全盛期感こそ2018年に記しておくべきだろう。

さて、この記事も3年も書いていたんですね。アンチ坂道とかいいながら、2016年 リリカルスクール、2017年 欅坂46、2018年 乃木坂46 ときた訳ですが、来年はどうなることでしょうね。個人的には海外勢が来ると思っているわけで、宮脇咲良含めIZ*ONEには頑張っていただきたいです。

今年も年末ギリギリに記事を上げますが、正月の暇つぶしにでも、アイドルの曲を聴いてあげてください。

来年もまた「酒」と「アイドル」と「賭場」を深掘りしていきたいと思います。

それでは来年もよいお年を!!


決定!【さかばクン大賞2019】 串木乃(渋谷)+駒忠(新大久保)

「大賞」の記事を書いていないまま今朝まで神戸にいたので、
発表が遅くなってすみません。

さぁ、発表します・・・
じゃかじゃかじゃかじゃかじゃか・・・ジャン!!!

渋谷のんべい横丁にある串木乃です。

さーせん!
予想通りだったですかね(^^;

このお店との出逢い、私の父との縁、すべてにおいて2018年最大の奇跡でした。

私の父の故郷は鹿児島県串木野。
その串木野と一字違いの「串木乃」は山手線からもその看板が見えるので、以前から「串木野」の方がやっているお店なんだろうなぁと気になっていました。

1月のある日。
飲み会帰りに思い切って立ち寄りました。


そのときのさかばクンの興奮MAXの様子がこちら↓

カウンター6席ほどの小さなお店には、
若い男子3人組ときれいな女性の常連さんがおひとり。

私はその間に座らせてもらう。

「はじめて?」と割烹着姿の女将。

「はい、はじめてです。父が串木野出身でこの店名が気になって来ました」

「串木野はどこね?」

「はい、島平です」

「私たちも島平よ」

およよ。なんだかおかしなことになってきたぞ。

どんどん場所が狭まっていく。

ならばと名刺を差し出し、私の名前を告げる。

私の名刺を見て、
御年80歳になるという女将さんも一緒にお店をやっている妹さんもビックリ!

なななななんとぉぉぉぉぉ!
二人とも父のことをよ~く知っていたのだ。

「串木乃」という店名なので、
父の田舎である串木野の話でもできたら楽しいかなと思って入ったわけだが、
まさかこんな奇跡的な出逢いにめぐり逢うとは!!!

女将さんが「ルース台風のときに(父に)助けてもらったのよ~」という。

ルース台風ってのは、1954年10月14日、まさに串木野市付近に上陸した台風で、
死者572名・行方不明者371名という甚大な被害をもたらした。

このルース台風、とてつもない台風だったようで、
観測史上第2位(69.3m/s)と第3位(67.1m/s)の最大風速を記録しており、
海辺に近い父の家も、女将の家も、台風で流されたらしい。

う~ん、そんな話を聞いてもまだ半信半疑。

本当にこの女将と妹は、父のことを知っているのだろうか。
酔った頭がプチパニックを起こす。。。

あれこれ父の情報を小出しにしてみたら、
父の弟、妹の名前もわかるし、出身大学も知っていた。

こりゃ、間違いないわ~~~


こんな奇跡ってあるのかっ!

回りのお客さんもこの目の前で起きているミラクルな情景に驚いている。
そりゃそうだよね。。。


以来、おかあさんに会いたくて、渋谷に来ると必ず立ち寄っています。
この日も渋谷での飲み会の前にご挨拶😊


そして、決まって芋焼酎のお湯割りとつけあげ(さつまあげ)を頼むんです。


串木野はさつまあげの名産地。
「串木乃」は日高水産のつけあげを使っているのだ、この日は中新のだ。
我が家は勘場蒲鉾店を愛用してます。


「串木乃」は「のんべい横丁」最古参のひとつ。
1970(昭和45)年からやってるので、もうすぐ50年というのだからほんと驚きです。


おかあさんと妹さんで切り盛りされていて、常連さんになが~く愛されているお店です。
もちろん一見さんにも優しいですよ。



ぜひ「のんべい横丁」に行ったらちょろっとのぞいてみてください。

串木乃
渋谷区渋谷1丁目25−9
電話: 03-3407-5535



********************

なんか実に個人的な理由で「大賞」を決めちゃったようにも思うんで(^^;

次点として駒忠 新大久保店も取り上げますね。

「駒忠」の黄色の看板は都内に何店舗かあるかと思うのですが、
どうもここのチェーンは独自のFC形態のようで、店ごとの裁量権が大きいように思います。

私はいろんな「駒忠」に入ったことがあるわけではないので、
「駒忠」同士の比較とかチェーンとしてどうこうという評価でありません。
あくまで一居酒屋である「新大久保店」として私は感動しました。

長いカウンター席の上には大皿料理が並び、白板には本日のオススメメニュー。
テーブル席もお座敷もあって、ひとり飲みから宴会まで対応可能。
新鮮なお刺身から串焼き、〆のごはんまでメニューは変化に富んで多種多彩。







そうそう、私が大学時代に通っていた居酒屋もこうでした。
昔はどこにでもあったんですよね、こういうマルチな居酒屋って。

気づけば画一的・均質的な居酒屋が跋扈するようになってしまいましたので、平成最後に「駒忠 新大久保店」みたいな店はかえって稀少な居酒屋なんです。

私が抱いたこの"感動"ってうまく伝えににくいのでわかりづらいかも知れませんが、
後日ヤマピカちゃんとジュニアくんがここを訪れ、私の記事の意味がよくわかったと絶賛してくれたので、酒場好きなら一度行って欲しいですね。
そして、ぜひお燗酒をオーダーしてください。
置いているお店が最近では滅多にない酒燗器で燗をつけてくれますよ

不思議なことに新大久保に「駒忠」は2店あるんです。
経営者が同じFCということなんでしょうかね。
この記事の「駒忠」は本店です。
支店」は未訪なので近々行ってみたいと思います。


酒蔵 駒忠 新大久保 本店
宿区大久保1丁目4−15
電話: 03-3209-6675


さかばクンはこれが2018年最後の記事です。
今年もご愛読ありがとうございました。
どうぞ来年もよろしくお願いしま酒!
みなさま酔いお歳を。






2018年12月30日日曜日

【香港ひとり旅】シャンティン競馬場(沙田)〜 信和中心(旺角)

ちょうど1週間前の12/16、中山競馬場で、香港ヴァーズ(G1)を見ていた私は前から考えていた香港旅行を決断するのであった。

矢継ぎ早に、ジェットスターで飛行機を押さえ、HISでホテルを抑えた。飛行機代を押さえた分、ホテルは日系の割と高級ホテルを予約した。


しかし、現地で何をするか?
 観光? ショッピング?

そんな訳はない。
ズバリ、競馬とオタクだ!



現地に到着し、翌日の予定はシャンティン競馬場。観塘線て九龍塘を経由して、東鐵線に乗り換える。ガイドブックを見ると開催日は馬場駅(←そのまま駅名)に止まるとあったが止まらなかったので注意が必要です。朝早すぎたのか。

しかし最寄りの火炭駅にて降車し、あとはグーグルマップを頼りに競馬場に向かう。何とか着いたが、お客さんが少ないような。本日はほんとにお馬さんが走るのか心配になる。






ちなみに、競馬場に入るのに、確か10HK $くらいかかるが、オクトパスカード(日本のSuicaみたいなもの)があればスムーズに入れる。

しばらく、競馬場のなかを巡る。おっこれがパドックか。おじさん達は早くも陣取っておられる。ターフィショッブみたいのも発見。





記念にキーホルダーを購入。

12時を過ぎ、ようやく1レースが始まる。
レース間隔は日本と同じ30分きざみだ。

賭け方も分からないので、しばらく競馬を眺める。シャンティン競馬場は左回りで最後の直線が長く、1レース目は1000メートル直線だった。




さて、そろそろ始めるか。

馬券を買えずに困っていた私を見かねて、お兄さんが話しかけてくれた。何やら英語でまくし立てられたが、よくわからない。


片言の英語で対抗する。

「this horse. 10HK$. win ok?」

何とか通じたようで、マークシートに記入し、馬券を買ってくれた。有難い。

あとから考えたら、先にバウチャー(現金券)を買い、それを馬券と交換していくら仕組みのようだ。2レースほど挑戦したが当たらない。



気分転換に飯でも食べにいくか。

長年の感から、競馬場でおいしいのは、モツ煮込のような牛や豚の臓器をじっくり煮込んだ料理だ。

シャンティン競馬場のイートコーナーは充実していて、ケンタッキーやマクドナルドに加え、しっかりと調理した香港料理も食べられる。

「this one please.」

と、これまた小学生レベルの英語で、注文した。
隣にいたハンチング帽をかぶったおじちゃんが、会計はあっちだよ、と教えてくれた。感謝。

感顧客が珍しいのか、山盛り入れてくれた。
これをアテにモニター中継をながめる。
香港らしくひたすら脂っこく濃い味付けだ。








さて、賭場にもどるか。

モニターを見ていると、有馬記念の中継をするらしい。
これは嬉しい。賭けられるのか、調べるとどうやら海外馬券も簡単に買えるようだ。

またしても、インチキ英語で、インフメーションのお兄さんに話しかける。

「over  sea race, "arima kinen" number8. win bet 90HK$ ok?」

ちなみに、8番のブラストワンピースは、本ブログの予想から適当に選んだ。
有難う、さかばくんさん!

何となく通じた。
海外専用マークシートを出してもらい、記入してもらった。
馬券発券機に入れたら出てきた。



おっ、有馬記念の中継が始まった。
香港の観客達も熱心に眺めている。
本日はG1レースがないので、実質、有馬記念がメインレースというわけか。






中山競馬場からシャンティン競馬場は、約3000km離れているが、この場所で有馬を観戦するのもなかなか洒落た遊びではなかろうか。

どうせ当たらないだろうなーっ、と思っていたら、おいおい、ナンバー8のブラストワンピースが追い込んできた、まさか、勝つか?

勝ったぁあ!!

変な人と思われてはと思い、小さくガッツポーズ。いやぁ、有馬で勝てたら、今年は良い年だったんだよ。




あとは日本でも有名なモレイラ騎手の馬券を少し買い、複勝が的中。

ざっと今日の収支は、投資300HK$に対し回収1500HK$といったところか。日本円に換算すると2万ちょいの儲けだ。



最終レースまではやらず、香港中心部に戻ることにした。

そして、もうひとつ訪れなければならない「信和中心」だ。


ここがすごかった。中野ブロードウェイみたいなところとネットに掲載されていたが、中野ブロードウェイの比じゃない。何てったって熱気がすごい。

2階にあがると。。

日本のアニメや漫画がいっぱい。
ここはどこか? 
アキバや中野よりも充実してるんじゃないか。

こんなのが、確か4階くらいまである。





アダルティなのも、メイドインジャパン。
(写真は自主規制。)

しかも地下にも。。
地下は乃木坂、ジャニーズといった日本のアイドルの雑誌やグッズも多数ある。



こりゃすごいわ。

結局、ぐるぐる回って、ゲットしたのはIZ*ONEのスタンディングステッカー。宮脇咲良や矢吹奈子等、48Gからも参戦している韓国資本と秋元康が組んだグループです。アジア圏で売れることが約束されてると言っていいでしょう。



最後に、本日宿泊したのは、ニューワールドミレミアムホンコンという一流ホテル。もともと日航系で、はじめて海外に行く我が身としては安心かと予約した。飛行機代を節約した分、ホテルを豪華にした格好だ。



競馬で勝ったあぶく銭を、このホテルにある日本料理「嵯峨野」に突っ込む。結局、600HK$くらいする、黒毛和牛の炙りに消えていく。酒は他の料理も合わせ、1200HK$くらいしたな。




資本主義とはこういうことなのか。リスクを冒して回収したカネを贅沢品に突っ込む。

香港という街がアジアの中で体現してきたのはそういうことではないか。

かつては西洋人達の植民地として、いまは中華人民が闊歩する香港を楽しんだ年末であった。

2018年12月29日土曜日

【さかばクン大賞 2018】今年初訪の店から30店を厳選。平成最後の「大賞」はどの店に!

今年もやって来ました「さかばクン大賞」
2018年にさかばクンがはじめて訪れたお店の中から4部門に分けて合計30店を厳選ノミネートします。

そもそも30店に絞ることが大変なのですが、
手帳をふり返ると今年は〈地元飲み〉がますます充実したせいか、あまり〈新規開拓〉していなかったように思います。
来年は地元ローテと新規開拓のバランスをもう少し上手にやっていこうと思います。

いっぽう、秋から本気のダイエットをはじめたので、ラーメン店・町中華・がっつりランチの記事が昨年よりも激減しました。
ダイエットが順調なだけにこの傾向は来年も続くでしょうね。
ご勘弁ください(_ _)

さぁ、ノミネート店を〈部門別・訪問日順〉に掲載します。

みなさんもこの30店から「おっ、ここ行ってみたいなぁ♪」と思うお店を見つけてくれると嬉しいです。


■毎日通いたくなる《居酒屋・大衆酒場・立ち飲み》部門
串木乃(渋谷)
今年最大のサプライズだったなぁ~
まさか父のことを知っているとは!
それ以来、渋谷に行くと必ずおかあさんのところに立ち寄ってます。


駒忠(新大久保)
「駒忠」は店ごとの自由度が高いチェーンなので、まったく新大久保店はまったくチェーンっぽくありません。カウンターに並ぶ大皿料理がその日のおすすめメニューです。

きんらん(駒込)
このホタルイカ、ちゃんと目が取られているでしょ!
すべての仕事ぶりが丁寧な立ち呑み屋さんです。

おらく(飯能)
飯能の駅前にある元お寿司屋さんの居酒屋。
ダブルカウンター構造が面白い。刺身もレバ焼も美味かったなぁ~

小料理くに(大泉学園)
ここも元々はお寿司屋さん。
もっと近けりゃ通っちゃうんだけど、結局このとき以来再訪できていない。。。

英太楼(阿佐ヶ谷)
焼き鳥もモノマネ(笑)も絶品の老舗焼き鳥店。
一品料理や〆メニューも充実しているのでまた行きたいなぁ~

やきとり浜ちゃん(西早稲田)
外観からは想像できないクオリティに驚くはず。
日本酒も充実してます。

スタンドぼてふり(神保町)
こんなセルフ式の素敵な立ち飲みが神保町にあったなんて。
昼から不良中年になってしまいました(^^;

いかのでん(水道橋)
「もつ焼き でん」のセカンドブランはイカ専門の居酒屋。。
刺身、揚げ物、多彩なイカメニューが並びます。

大黒屋(武蔵小金井)
歴史を感じるカウンターで熱燗をちびり。
なんとも落ち着く古典酒場です。

百薬の長(武蔵小金井)
武蔵小金井の駅近くにあるニの字カウンターのお店。
あなたは右の扉、左の扉、どっちから入る?

かね将(五反田)
やきとんだけでなく、刺身も充実。
さかばクンが"逆ナン"された聖地(笑)

大甚本店(名古屋)
銀盆持って、自分で料理を選んで席に持ってくるセルフトレー方式の古典酒場。
40分しかいられなかったけど、なんとも至福の時間だったなぁ~


■《ちょっといい居酒屋・いいお店》部門
コクエレ(西小山)
ビリビリ痺れ系の中華料理と日本酒のマリアージュは斬新で新鮮でした。
ぜひとも喜酔人メンバーを連れて行きたいお店なんだよなぁ~

浜貞(神田)
美味い魚料理が食べたくなったら15時からやってるこちらがオススメ!

大貫(富士見台)
食べログで高評価の謎が解けましたぁ!
予約必須。一度は行くべし!

鴨蕎麦尖(自由が丘)
鴨LOVEの店主が開いた鴨蕎麦と鴨料理のお店。
創造性豊かな料理と店主の自虐的ギャグ(笑)で間違いなく楽しい時間が過ごせます。

Affen Bar(豊島園)
S子ちゃんのおにいさんジョンが腕を振るう本格ブリティッシュパブ。
豊島園での営業は年内まで。来年には都心へ移転するそうです。寂しいなぁ・・・

オステリア・ピノ・ジョーヴァネ(東池袋)
CP抜群のランチに驚きました。
今一番、夜に訪れてみたいイタリアンです。

潟潟ヤ(高津)
著名人も訪れる紹介制の予約困難店。
店主の多彩な「引き出し」から繰り出される料理はどれも美しい!

■《ラヲタなさかばクン》部門
ラーメン屋ジョン(武蔵関)
まだまだ進化が期待できるラーメン店。
ここもジョンだ(笑)

口福(保谷)
濃厚クリーミーな担々麺は絶品でした。
来年こそは夜の「飲み」でお邪魔したいです。

横浜家系ラーメン 五十三家(江古田)
評判の家系は無骨で繊細な家系ラーメンでした。
年明けから江古田駅南口「ラーメンかずや」の跡地に移転します。

ラーメン西ちゃん(東長崎)
厚切りのチャーシューと皿ワンタンをつまみにビールをいただき、〆にラーメン。
土日祝日は12時から(平日は18:30~)やっているので昼飲みに持ってこいですよ!

横浜ラーメン 初代 常翔家(保谷)
五十三家と同じような絵面になっていますが、ほうれんそう増しとライスはさかばクンの家系にはマストアイテムです。これでプラマイゼロ的な感じですね(^0^;)


■《昼からガッツリランチ》部門
新川大勝軒(八丁堀)
餡の下の玉子のなかから海老がごろごろ。
フォトジェニックな海老丼です。

いもや(馬喰町)
ご夫婦の接客が素晴らしく、お客さんへの一言一言がやさしい。
このときのカキフライにはビックリしたなぁ。

好好亭(江古田)
ごはんはお櫃で。さすが学生の街、江古田ですね。
ハンバーグ、エビフライ、カニクリームコロッケ。こどももおとなもみんな大好き♪

アジュール(池袋)
有頭エビフライ2尾が横たわるカレーライスは破壊力抜群。
もうちょっと提供まで早いといいんだけど・・・

いせ源(神田)
T氏激推しの角煮定食は、味も量も値段も文句なし。
そして、老舗らしいおもてなしも◎。



果たして、【さかばクン大賞】はどのお店か。
発表は大晦日!
お楽しみに😙