2018年12月19日水曜日

【真摯に鴨と向き合う一杯】鴨らーめん DEUXドゥ(練馬)

練馬駅の西口から歩いて2分。
ファミマの手前の路地に入ってすぐにある「鴨らーめん DEUX」
「DEUX」は「ドゥー」と読み、フランス語の「2」を意味するらしい。

11月にオープンしたばかりの新店だ。

おとなりの「チャコル」っていうハヤシライスのお店も11月OPENの新店だね。

美容はぴょんさん、健康はさかばクン。
どちらも鴨好きなので期待大で入ってみる。


むむっ。
なかなかの価格設定ではないか。
最安値で900円!

でも、これは逆に期待できるの鴨。
前向きなさかばクン(^^;
なにせ、ダイエット中の身なのでラーメンを食べるのは40日ぶりなのだ。
興奮を隠せない(笑)


店内はカウンターのみで、店長さんのワンオペ。
麺を茹でるための水が釜に終始ゆるやかに流れ落ちていてせせらぎの音が響いているようだ。

店内にBGMはなく、麺と真剣に向き合うための空間と時間が用意されている。

鴨皿なんて酒のつまみに最適と思えるメニューがあるのに、ビールすら置いてないところからもそんな店の姿勢が伺える。



そして、着丼!

ぴょんさんは「鴨らーめん(並)」
斜めにカットされたような非常に珍しい形状の器だ。


私は「鴨チャーシューめん(中)」
中サイズにすると大きめのふつうの丼になる。


低温調理された鴨チャーシューのほか、鴨つくねと焼いた葱がのる。


麺は全粒粉の中太麺。
最近多い細パッツンの麺ではなく、もちっとした食感を感じる麺でとっても美味しい!


卓上にはしょうがとゆずこしょう。


しょうがは後半スープに加えて味変。
鴨チャーシューの半分は別に頼んだ小ライスに移して鴨チャーシュー丼にする。
そして、鴨チャーシューにゆずこしょうをのせる。

鴨チャーシューは脂がのっているが薄味なので、鴨チャーシュー丼を口に頬張りながらスープを飲み、口内で〈追い飯〉化する。
うまい!


価格設定は強気だが、丁寧な仕事を感じる洗練された1杯は納得の味であった。
そうそう、鴨のフォルムが数字の「2」に似ているから「DEUX」なんだって(^^;


やっぱりラーメンは美味しいよ。
でも、またしばらく封印だな・・・


鴨らーめん DEUX ドゥ
練馬区練馬1丁目15−2
電話: 03-6914-6689



0 件のコメント:

コメントを投稿