2018年7月19日木曜日

【極限まで純化されたセンベロ立ち飲み】立ち飲み居酒屋 ドラム缶 江古田店(江古田)

最近急速に勢力を伸ばしているセンベロ立ち飲み屋、立ち飲み居酒屋 ドラム缶が江古田にも進出すると噂を聞いてオープン日にフラリとヤマピカ酔ってみた。

江古田駅北口から歩いて5分前後かな〜

西武沿線では池袋北口方面に既に進出しているドラム缶。
さてさてどんなもんか

クッソ暑い中、やっぱ最初は生ビール(250円)からやな!ンゴゴと飲み干す。アサヒビールっすな。

酷暑はイヤだけどビールは余計美味く感じるよな笑

キャッシュオンデリバリー式っす

店内の短冊メニューを見渡し肴を検討す。


さすがオープン初日とあって店内は美しいね笑

店主にお酒を与えちゃいかんのか笑

噂に違わぬ一品の安さ(^_^;)

晩杯屋と比較してドリンクが安めだよねぇ?

まぐろぶつ(100g200円、150g300円、200g400円)を行きたかったが、オープン初日はリリースされず。。。っつーことで、まずはお約束のマカロニサラダ(150円)

これは絶対ヤマピカ好みのタイプと見たよ!

問答無用のソースぶしゃあああああ

こんのマカロニサラダ、好印象ゥゥゥ!マヨの照りからしてウンマイはずと予測してたよ。マカサラはこーでなくてはな!ってお味!

ほんでハムとカツのハムカツ(150円)

ピローンとしたフォルム

こいつも問答無用でソース!

メニュー名に「ハムとカツ」の注釈が付属する理由はよく分からないが、薄めのハム1枚が少々厚めの衣でカラリと揚がっている。冷凍既製品だが、こりゃこれで惣菜パンの具材的な味わいでウンメー!

なかなかイケる

このあたりでビール尽きホッピーセット黒(300円)をオーダー。うーん、まぁ、この水位はソトイチ・ナカニで費消するのが健全か?

少ないわけではないが控えめの水位か

まぁでも結局これっくらいがホッピーとして美味いんだよね、多分(^_^;)

と、ここでまさかのオープン記念(?)、楯野川の振る舞い酒が!一気にお客さん同士の距離が近くなる。さすが「ノミケーション プライスレス」と短冊メニューに掲げるお店だけあるな!笑

飲みやすくて美味しかった!

さてナカ(100円)おかわり。まぁ十分に気持ちよくなれるよね笑

既にちょいベロっす笑

で、メニュー単価が最も高い一品の一つ、下町グラタン(300円)を。

んー!?こりゃどういう代物じゃ!?

あぁ〜そういうこと!笑

食って気が付くマカロニ被り笑 クリームソースとチーズで味が濃厚になった温かいマカサラといった感じだが、こりゃこれで良い。マカサラ行くならこれ頼んじゃうかもね、次回以降は笑

んで結局ナカニどころかナカサン摂っちまったい笑

摂れるもんやなァ

んで最後にカレールー(100円)を所望!


うお〜。。。なんか塊の具材が少しでも入ってるのかと思いきや、スッカスカのほんまルー食感しかねぇ〜笑 

実際は煮込んで具材が溶け込んでしまってるのかもせんが、ミンチレベルの肉食感を若干感じる程度や(^_^;)


しかしかなりスパイシーな味わいに仕立てられており、皮膚から汗が滲み出てくる。イコール、酒加速する逸品になっとる所が憎しトコだなぁ〜コレ!

江古田の静かな路地に位置するものの、界隈の賑わいに繋がる事を祈念してお店を後にした。

めっちゃクソうんめ〜!となる物は正直なかったが笑、不味くはないし、安いし、早い。ちょい飲みセンベロを考えた際、先鋭的に純化された店舗スタイルと言えるのではないでしょーか!?

因みにオープン記念とかで7/18〜7/19はドリンク全品50円引き、今回はトータル1,250円でした。やっす笑


店名:ドラム缶 江古田店
住所:東京都練馬区栄町31-6 ベルウッドビル103
TEL:03-3507-5625
営業時間:15:00〜23:00?定休日不明

【箸をへし折るかた焼きそば】ラーメンHOUSE たなか(石神井公園)

土曜の仕事を中途半端な時間に終えて石神井に帰還。

14時を回ると中休みに入るお店も多いなか、
「ラーメンHOUSE たなか」
16時~17時に中休みをするだけなので、
14時30分過ぎのいまならまだ空いているだろうと向かう。

やっぱり開いてた!

本当に使い勝手のいい中華食堂だ。

うまく言えないけど「たなか」を"町中華"と呼ぶのはなんか違う気がすんだよなぁ~

イルポンテでランチを食べてたヤマピカちゃんも合流。
よ~し、ギョービーだ!

「龍正軒」とおなじく「たなか」も黒ラベル

乾杯♫

今日の「たなか」餃子。いつもよりニンニクの破壊力を感じるな。

そして、さらに破壊力抜群なのがこちら!!!
今日もマイブームのKYN(かた焼き飲み)しちゃうよ。

塩味か醬油味を選べるので、この日は「塩」チョイス。
塩味の「龍正軒」と食べ比べたかったんでね。


しかし、とんでもないサイズの深鉢に入ってんなぁ。。。

イルポンテで、アサリしめじをすでに平らげているヤマピカちゃんはビールを飲みながら、たばこでかた焼きのサイズ感を表現してくれた。

よ~し、麺リフだぁ!

バキッッッ💥

箸が折れた( ̄0 ̄)

ドロ~ッとした重たい餡に覆い尽くされた太麺の揚げそばに、
割り箸が完全に負けてしまった・・・


やっとこさ、麺リフ。。。(^^ゞ

キライじゃない太麺タイプだが、餡のパンチが物足りない。
前に食べたことのある醤油味の方が、「たなか」は美味しいかも。


そうそう!
「たなか」はB3リーグ「東京海上日動ビッグブルー」御用達のお店らしいぞ。

今年の「ビッグブルー」は秋のレギュラーシーズンから参戦。
新しくなった「東京海上日動石神井スポーツセンター」で11月17日におこなわれる鹿児島レブナイズとが開幕戦となる。

また観戦に行こ。
秋が楽しみだなぁ~🏀


さぁて、今度のKYNはどのお店にしようかな???😙


ラーメンHOUSE たなか
練馬区石神井町6丁目9−1
電話: 03-3997-4129

********************

そして、食後は当然の如くお向かいの「豊宏湯」へ。
久々の開店同時入湯、一番風呂だ。

アツッッッ💥

今日もいつもの豊宏湯であった。


2018年7月18日水曜日

【子どもの頃から憧れていた小料理屋さん】四季の味 こぶし(石神井公園)◆庁舎横の富士街道沿いから移転しました

石神井庁舎のお隣、
交差点の角地にあった「こぶし」が「花の樹」の跡地に移転した。

旧「こぶし」があったビルヂングは石神井で2番目に古い建物だと聞いたことがあるが、
移転はそうした建物の老朽化によるものだったのだろうか。

実は小学生だったころ、親に連れられ何度か「こぶし」に入ったことがあるのだ。
そのとき、お品のいい小料理屋さんだなぁ~と子どもながらに感じていた。

大人になったらこんなお店で飲めるようになりたいと、
さかばクン憧れの店だったのだ。
どんな小学生だ!(笑)

ところが、大人になってお邪魔したのは(たぶん)1度だけ。
それも20年くらい前のように思う。

真新しい扉を開けて、新装出発の「四季の味 こぶし」へ。
この日の2軒目としてほろ酔いでお邪魔した。


富士街道を通るたびにこのA看板はチェックしていたんだけどね。


カウンター席につく。


まずはレギュラーメニューを確認。


こちらが表のA看板にもあった本日のおすすめメニュー。



「黒龍」をいただく。
20数年前、はじめて黒龍に出会ったときの感動は今でも覚えているが、
いまなお安定の旨さである。
くいくい盃がすすんじゃう。


すみいか
サクッとした食感と甘みあるすみいか、大好き♫


桜海老と新玉ねぎのかき揚げ
さかばクン、天ぷら好きなんだよね~~~~~
何軒目だろうが、天ぷらがあるとついつい頼んじゃう。
しかも、桜海老と新玉ねぎなんて聞くと条件反射的にオーダーだ!

でも、さすがにひとりでこの量は多かったかな(^^;


黒龍を2合いただいたところで、お勘定。

帰り際に、ご主人と奥様に、前述の子どもの頃の思い出を話したら、
驚かれていたが、ちょっと喜んでくれたかな。。。


何十年経っても大人の時間をゆっくりと過ごせる粋な小料理屋さんだ。
今度は1軒目でお邪魔したいな。


四季の味 こぶし
練馬区石神井町3-18-5


2018年7月15日日曜日

【いったい何者なんですか?】やきとり浜ちゃん(西早稲田)

ず~っと宿題店になっていたお店「やきとり浜ちゃん」
西早稲田駅2番出口から諏訪通りに出たすぐのところにある。


なんともDEEPな空気を漂わす店だが、
ネット情報を寄せ集めると店主はかなりの腕前と推察でき、
前々から一度伺ってみたかったのだ。


18時オープン。
ほぼちょうどに入店。
口開けの客だ。(結局1時間ほどいたが、この日は最後まで私だけだった)

シンプルなメニュー構成。


飲み物もシンプルに見えるが、
実は日本酒と焼酎に相当なこだわりがあるお店なのだ。


とりあえずはビールをいただく。
このDEEPさにクラシックラガーはよくマッチする。


店内の大きなTVではジャズピアニスト上原ひろみの演奏がずっと流れていた。
こめまるさんだったらもっとこの話題で店主に食いついたんだろうなぁ~


先ほどのメニュー以外に、
オレンジの筆ペンで書いたと思われる特別メニューの数々が壁に貼られている。

ん? んん?

〈フランスで買ってきましたトリュフオイル玉子がけごはん〉って何だぁ!

スキンヘッドの大将は、寡黙で決して愛想のいいタイプではなさそうだが、
かといって変な緊張感や不快感を与えるわけではなく、
とっても愚直な仕事人タイプとお見受けした。

ただフランスやジャズとはちょっとイメージが合わない(笑)失礼。。。(^^;


最初にオーダーした、「かわ・わさび・はつ」が炭火で丁寧に焼かれている。
この焼きの様子だけで、この店主やはり只者ではないなって感じがするんだけど。。。


そして、「早いものがち」とあちこちに書かれていた「レバーポン酢」がまず降臨。

な、なっ、なんなんすかっ、これ!
このエッジといい、臭みのない処理といい、絶妙すぎるってば。

えーい、プリン体なんて知ったことか!


日本酒と焼酎の一升瓶が卓上に並んでいる。
「日本酒は常温やお燗ですか?」と店主に尋ねたら「冷酒もあるよ」とボソッと。

串の焼き上がりに合わせて「おまかせで冷酒ください」とオーダー。

店主は日本酒や焼酎に一家言を持っていそうなので、
こういうときは銘柄を店主にお任せしてしまうのが得策だ。


筆頭メニューになっていた「わさび」
塩加減とわさびの辛味、鶏肉の甘みが調和して、
一見シンプルなささみなのに、なんて美味さなんだ。


「はつ・かわ」
店主セレクトの1杯目は「東洋美人 愛山」だった。


この「はつ」はいままで食べたことのない食感だなぁ。
ぷりっとした食感でむちゃくちゃ美味しい。

思わず「はつ、美味しいですね~」って店主に声をかけたのだが、
やはり素っ気ない返事(^0^;)

でも、その素っ気なさ、なぜかいやな感じはしないんだよね~。
不思議な店主だ(笑)


お次は、上がはらみ、下がせせり。

下はねぎまっぽくも見えるんだけどね・・・オーダーしたのは間違いなくせせり。さかばクンの馬鹿舌では、味で区別ができないのだ(^_^;)

茄子焼き


月見つくね(200円)
玉子は黄身だけ。とっても濃厚。
つくねを食べ終えてもこの黄身ソースだけで飲めちゃう。


日本酒は3杯いただいたのだが、
「東洋美人」のあとは、「雁木」「栄光富士 酒未来」と出てきた。

冷酒と言っても東洋美人と雁木はそんなに冷えてない常温に近い温度で供され、
最後の「栄光富士」はしっかりキンキンだった。

この温度の違いにも店主のこだわりがあったのだろう。

いやいや、どこにでもある赤提灯の焼鳥屋かと思われるだろうが、
焼鳥の質、一品料理のセンス、酒へのこだわり、どれも一級品で感動してしまった。

この店主、いったい何者なんだろう。
相当やりおる😊


癖になりそうな浜ちゃんであった。


やきとり 浜ちゃん
新宿区高田馬場1丁目12−1
電話: 090-6569-0270