2019年1月30日水曜日

【おかわりごはんあるある】しゃぶしゃぶ とんかつ にいむら(大久保)

ボーリング以来、「凶」が続く。
気が滅入ることばかりだ・・・

自分に喝! 己に克つ! ランチにカツ!


大久保駅近くにある「とんかつにいむら」へ。


ロースカツランチ 930円(税込)
ライスとキャベツはおかわり自由のようだ。



卓上にはキャベツ用のごまドレと漬物2種がおいてある。
ソースとドレッシングをかけ漬物をのせてセット完了。

いっただきま~す😋


「ライス半分だけおかわりください」

ベジファーストでキャベツもりもり食べたから許してもらおう。

するとほかほかのライスが半分より多い量でやって来た。

いつも感じるのだが、たいていのお店がおかわりしたごはんの方があたたかくて美味しいのはなんでなんだろう。

おかわりごはんあるあるだ。

「ロースカツに海老フライ!」と後客のおとなりさん。

なんと1本100円で海老フライを追加できるオプションがあったのか。
これに海老が加わったらおかわりエンドレスだな(笑)

また来よっと。


しゃぶしゃぶ とんかつ にいむら
新宿区百人町1丁目18−10
電話: 03-3366-9711



2019年1月29日火曜日

【風呂ボウラー誕生】第3回加賀山ボウリング大会&銀座ライオン 池袋東口店(池袋)

毎度おなじみ我らの「もつ焼加賀山」ではボウリング大会を開催していて、今度で3回目となる。

ただ過去2回とも仕事と重なってしまい、ボウリング大会に参加していないのだ。

なので、これまでのボウリング&飲み会の記事は今回も含めて皆勤賞のクマノミさんがアップしてくれている。


さかばクン、満を持しての参加となるが、ボウリングはちょっと自信があるのだ。

私たちは中高大とボウリングやビリヤードに興じた世代。
ボウリングのスコアだってコンピューターの自動計算なんて珍しかったから自分たちで手書きしてたものね(笑)

そんなだから、さかばクンのベストスコアは212!
しかもこれ叩き出したのは中高大のころではなく社会人になってから。

「どうよ。これはちょっと自慢できるでしょ。」
って大会前から加賀山でさんざん触れ回って今日を迎えている。

決戦の舞台は池袋遊びの殿堂「ロサ会館」だ。

中高時代はロサ会館周辺はおっかなくて近寄れなかったなぁ。
池袋でボウリングとなればサンシャイン近くにあったブランズウィックがホームだったな。


8レーンを貸し切って32名の参加。
一大イベントだな(笑)


参加者には過去2回の成績をもとにハンデが与えられており、初参加の私にもかなり優遇されたハンデ47がついている。

こりゃ、普通に投げれば優勝まちがいないでしょ♫

ん???
投げても投げてもヘッドピンをかすめていく。

1ゲーム目  98😰

ははは。やっちまった。
久しぶりだもんな。
次は本領発揮さ。

2ゲーム目 110😱

なにこのスコア。。。
2ケタなんて出したことないし、2ゲーム足してもベストスコアに及ばないなんて。

やはり大森喫茶酒店での「凶」は間違いでなかったようだ。

大口叩いた自分が恥ずかしい😵

大将も腕が痛いから調子上がらず、どこか寂しげな背中(^^; さかばクンもちゃんと加賀山Tシャツ着て参戦したんだけどなぁ~

表彰式&飲み会は「銀座ライオン 池袋東口店」だ。



ガォ~!
屈辱的なスコアのことはもう飲んで忘れるしかない。



黒ラベルが飲み放題だ!
幸せ


加賀山に加賀山を愛するみなさんに。
そして、SAPPOROに乾杯!


個人の成績はクソミソだったが、同じレーンで盛り上がった4人の合計点でチーム優勝🏆

4人とも大崩れしなかったし、なによりKさんの奥様が絶好調で見事優勝したのが大きかったね\(^O^)/
これは嬉しい!









飲んだ飲んだ。


大会前はプロボウラー気取りであったが、所詮、自称プロボウラーであった。

「プロボウラーというより、さかばクンは〈風呂ボウラー〉でしょ」

😨誰だったか、うまいこと言うなぁ~😨

今日は何を言われてもすべて甘んじて受け入れよう。
風呂ボウラーとして第4回では絶対に汚名返上するぞ!




銀座ライオン 池袋東口店
豊島区南池袋1丁目26−9
電話: 03-5979-7080


そして石神井に戻り、すみれで二次会。カラ館で三次会。
いやはやみんな元気だわ(^0^;)


2019年1月27日日曜日

【喜酔人合宿❿・3日目深夜~4日目昼】丸髙中華そば 神戸二宮店(三宮)

三宮へ戻りカラオケでハッスル!ハッスル!(←死語だな)

HBさんは自宅へ帰られ、T氏とT氏Jr.もこの深夜から実家の熊本へと旅立った。

そして最後に神戸に残ったのは、ヤマピカちゃん、きんぐちゃん、S子ちゃん、ぴょんさん、さかばクンのいつものメンバーだ。

ほんとにほんとに最後の神戸ナイト。
ラストを締めくくるのは神戸で和歌山ラーメンさ(笑)

和歌山出身のヤマピカちゃんが認める和歌山ラーメンの店があると聞けば、そりゃぁ〆ラーするっきゃないでしょ。

「丸髙中華そば」へ。

ご当地ラーメンって数多あるけど、実は和歌山ラーメンってはじめて食べるんだよね。

おぉ、深夜でも数人並んでるんだ。
人気店なんだね・・・。


和歌山ラーメンはラーメンの特徴もさることながら、早寿司やおでん、ゆで玉子といったサイドメニューがもその特徴である。

こちらも早寿司こそないが、やはりおでん、ゆで玉子は当たり前のように置いている。


飲めるラーメン店ってのも和歌山ラーメンの良さなんだろうな。


ここまで来て、ダイエットがどうとか糖質制限がどうとか言わんぞ~
食べたいもん全部食ったるぅ!!!


ラストカンパイ。


関東煮をつつき合ってラーメンを待つ。


焼めし半分=半チャン。
味の濃いめのチャーハン、飲んだあとにはたまらん美味さだね。


そして、中華そば。
濃厚な醬油豚骨スープはどこかで味わったことがあるようなスープに思えたが、
それがなんなのか思い出せない。

御託はいらぬ。
美味い!


かまぼこが乗るのも特徴。


歯ごたえのある中太ストレート麺はかなり好み。


大満足大満腹。

東京にも和歌山ラーメンを謳うラーメン店はいくつもあるので、今度ヤマピカちゃんと行ってみよ。


あぁいよいよ明日神戸を離れる。
ほんと楽しすぎたよ。

結婚20年の旅行として思い立った企画がこんなビッグイベントになるとは。
すべて取り仕切ってくれたヤマピカちゃん、ありがとね😚
いい思い出になったよ。

またいつの日かみんなで神戸を訪れたいね。


丸髙中華そば 神戸二宮店
神戸市中央区二宮町4丁目11−9
電話: 078-242-4008

********************

翌朝、8時30分にホテルを出る。
大晦日から元旦にかけてはゆっくり実家で過ごしたいからね。
早めに神戸を出たのだ。

さすがに昨夜の和歌山ラーメンが胃袋にのしかかっており、帰りの新幹線はおとなしくコーヒーで・・・


でも、石神井に着いたら元気回復。
年越しそばを食べようと「雷鳥」へ。

ところがさすが大晦日。
満席で入れなかった。

食べ終えて店から出てきたご夫婦が「これが口コミってやつだね・・・」だって。
その通りだと。最近の雷鳥は安定して混んでるものね。

そこで、年越しそばは「ラーメンHOUSE たなか」に切り替える。

でも、私は麺類は摂らない。
とチャーシュー。


ぴょんさんとS子ちゃんはしっかりラーメン食べてたわ。
元気だね(笑)


帰宅。
最後の関門が待ち受けている。

喜酔人合宿で2㎏までの増量は覚悟のうえだが果たして・・・

ところが、いざ体重計に乗ってみたらまったく増減なし😲

どーゆーこと???
あんなに飲んで食べたのに。

なんとか乗り切ったぞ~い!!!
自分を褒めたい!

おそらく体重が増えなかった理由は2つ考えられる。

駅から店、駅から風呂、店から店、店からホテルと神戸の3日間はとにかくよく歩いたのだ。

 初日:12,956歩
2日目:18,871歩
3日目:17,888歩

ふだんの倍以上歩いてれば燃焼効果絶大だよね。



もうひとつの理由は風呂だろうな(笑)

3日間で4つの銭湯を巡り、風呂バカカルテットは合計5時間ものあいだ全裸でいたわけだからね(^0^;)

風呂&サウナ、温冷交互浴でよく汗をかいたもの。

なにはともあれこれだけ飲み食いし倒して増減ナシだったのだから万々歳だ。

でも、今度は寝正月が待っている。
これをいかに乗り切っていくかだね(笑)

亥年はとにかく痩せること!
目標達成まで頑張るぞ!

++++++++++++++

これで喜酔人合宿編はおしまい。
❶~❿まで、長々とおつきあいいただきありがとうございました。

喜酔人合宿❶・1日目昼  玉子ダブルのかつ丼かっこむ
喜酔人合宿➋・1日目夜  フォンダンショコラ角煮に悶絶 
喜酔人合宿❸・1日目深夜 ヤマピカちゃん感涙の再会!
喜酔人合宿❹・2日目朝  アーケード商店街で立ち飲みできちゃうなんて
喜酔人合宿❺・2日目昼  元祖鉄板焼のお店で神戸牛堪能
喜酔人合宿❻・2日目夜  住吉の名店で鶏の奥深さを知る
喜酔人合宿❼・3日目朝  朝酒天国新開地で出汁天ぷらに感動
喜酔人合宿❽・3日目昼  唯一観光らしい観光は魚崎酒蔵巡り
喜酔人合宿❾・3日目夜  肉肉肉!かっぱ・こうね超絶CPの焼肉で大団円
喜酔人合宿❿・3日目深夜~4日目昼  神戸の〆は和歌山ラーメンで〆る

2019年1月26日土曜日

【町寿司の真髄】助寿司(西早稲田)

住宅地や団地にポツンとある町のお寿司屋さんって昔はそこかしこにあったものだが、
銭湯と同じくらいの勢いで町寿司は衰退の一途をたどっているものなぁ
・・・って前にもどこかに書いた気がする(^^;



そんな回転寿司全盛のご時世のなか、こちらの「助寿司」は都営戸山ハイツアパートに隣接する住宅地のなかで静かに元気に営業している。



寿司・ちらし 1人前 600円
寿司       1.5人前 800円

なんじゃ!この価格設定は!
平成最後の年だというのに価格は昭和のままなんじゃなかろうか。


入ると、いかにも町寿司な店内。
L字カウンターとテーブル席がならぶ。

店内はサラリーマンが多いのかと思いきや、意外と学生が目立つ。
早稲田の理工学部が近いし、この値段なら学生の懐にも優しいからな。

奮発して「海鮮丼1000円」にしようかと少々迷ったが、やはりまずはデフォルトのにぎりを味わっておきたい。


飛良泉のグラス300円!? 
頼みてぇ~


昼酒をこらえて「1.5人前、お願いします」

するとあっという間に見事な寿司下駄が眼前にあらわれた。



「はい、おまちどうさん」って大将。
全然待ってないけどね(^0^;)




大将も客もにぎりに美しさを求めたりしない。
ちゃっちゃと出てくるこのスピードが町寿司では重要なことだ。




にぎり1.5人前の全容が明らかになった。

赤身3貫、いか2貫、穴子、あじ、えび、玉子の計9貫
かんぴょう巻、鉄火巻
あら汁

ぬぬぬ。
シャリがネタより大きくて横からはみ出ているわ(笑)

シャリで腹一杯にさせる。
これぞ町寿司の真髄ではないか!



ネタの美味さはいたってフツーであるが、この値段とボリュームだもの。
十分過ぎるって。

次々と口に放り込む。
食べ終えるまでに10分かからなかったかな(^0^;)
そう、にぎり寿司ってぇのは江戸っ子のファストフードだったのだからこれでいいのだ。

「ごちそうさまでした」

千円札を出すと百円玉が2枚返ってきた。
やっぱり税込価格だったんだね。

すばらしい!

町寿司で一杯飲むってのもいいんだよなぁ~
夜の価格帯も気になるし、今度は飲みに来てみよう。


助寿司
新宿区戸山3丁目6−10
電話: 03-3208-1800



2019年1月25日金曜日

【喜酔人合宿❾・3日目夜】立ち呑み夢屋+たじま屋本店(深江)

のんびり風呂につかって、ゆっくり深江まで歩いてきたが、まだ集合時間の18時には早い。

深江駅の近くで立ち呑み検索したところ、「立ち呑み夢屋」を発見。
とりあえず湯上がりビールで時間調整だ。


福山をバックに赤星


あくまで時間調整なので、1杯だけだよ。


結局1杯じゃ足りず、レモンサワー追加(^^;


ごちそうさまでした!

立ち呑み 夢屋
兵庫県神戸市東灘区深江北町4-7-7 ワイエスビル1F
電話: 050-5849-5041

********************

そして、本日のメインイベントは「たじま屋深江本店」だ。
こちらは神戸でよく知られた予約必須の人気焼肉店。

ヤマピカちゃんも過去に2度記事にしていて、なんて美味そうな焼肉屋さんなんだろうと思っていた。
2015年12月31日
2018年1月9日

だからここも楽しみにしていたんだよなぁ~♪


店頭で炭焼き。


著名人の色紙だらけ。


地元神戸製鋼がらみでラグビー関係が多いのかな。
それと野球選手も目立つね。


そして、ここでまたまたスペシャルゲストが登場!!!

ヤマピカちゃんの関西時代の先輩
HBさんじゃないか!!!

HBさん、いまは東京で単身赴任中で我らとおなじ練馬区民。
だから石神井で一緒に飲むことも多いのだ。

HBさんもジュニアくん同様、自宅への帰省に合わせて合流してくれたのだ。

「ここはスナックときか!」って突っ込みたくなるくらい、石神井と同じような光景が深江で繰り広げられるとは嬉しいね😂

意識低い男子:ヤマピカちゃん、HBさん、T氏、T氏Jr.、さかばクン
   
意識高い女子:きんぐちゃん、S子ちゃん、ぴょんさん

女子班の記事を何度読み返してみても同じ神戸にいたとは思えぬ行程差&高低差だが、ラストは焼肉で大団円だ!

8人で乾杯!
〈神セブン〉にHBさん加わって今宵は〈神エイト〉だね。


メニュー、一応撮ったけど、オーダーはやっぱりヤマピカちゃんにお任せさ。


ニラとおろしポン酢。
いわゆる味変アイテムかな。


カッパ 1人前550円
たじま屋のキラーコンテンツだ。
まずはこれを頼まなきゃとヤマピカちゃん。




ミノポンって通称なのかと思ったら、メニュー名がミノポンだった(^^;
ミノぽん酢だね。


もう部位が思い出せない。
とにかく美味い。




キムチ盛り合わせ


長芋キムチ


これもなんだっけ?(^0^;)



これも。。。
がんがん焼いてがんがん食べるもんだからいちいち部位なんて覚えてらんないよー



これは覚えてるぞ。
「こうね」だ。


これに生玉子をからめてすき焼き風に食べるのだが・・・


若者(T氏Jr.)はさらにTKGにして包んで食べてる


う、うまそうじゃねぇ~か
う、うらやましいが、炭水化物はグッと我慢だ。


ごはんはあきらめ、コーンバターで糖質補給。


あま~~~~い♪


たまごスープ


なぜか最後に韓国海苔で〆る。


最後まで悔いを残さぬよう食べまくり飲みまくる〈神エイト〉。


そして、お会計を聞いてビックリしたわ。
あんなに食べてこの値段でいいの!?

ヤマピカちゃんに言わせたら、これでも食べ過ぎたからかなり高くついたという。
いやいや、これで高いだなんて・・・

地元の「牛蔵」も稀少部位をお手頃価格で食べられる名店であるが、この「たじま屋」のパフォーマンスも負けず劣らずすさまじかった。

「たじま屋」も予約必須の人気店ではもちろんあるが、「牛蔵」のように予約困難で気軽に行けないということはないようだ。
それを考えたら、ここが普段遣いできるって羨ましすぎるよなぁ。


たじま屋 深江本店
兵庫県神戸市東灘区深江北町3丁目3−1
電話: 078-441-3377


帰りは人生2度目の阪神電車で三宮へ戻る。

もちろん神戸最後の夜はまだまだ終わらないのだ。




(喜酔人合宿編最終回の❿へつづく)