2019年1月4日金曜日

【〈プロ飲み手〉たちを唸らせる居酒屋】鳥のぶ(日暮里)+ニュー恵美須(赤土小学校前)

元同僚のNさんから「年末に帰京するので飲みましょう」と連絡をもらい、再会の一献だ。

Nさんの実家は常磐線沿線なので、会場は日暮里の「鳥のぶ」とした。

お店は日暮里駅と西日暮里駅のほぼ中間点にあり、常磐線がすぐとなりを走っているのだ。

一見、普通の居酒屋さんに見えるが、吉田類さん塩見なゆさんなど〈プロ飲み手〉たちが絶賛している居酒屋で、予約必至の人気店なのだ。

年末の忘年会シーズンでますます予約が取りづらいと思ったのだが、前日にダメ元でかけたら奇跡的に予約が取れたのだ。

うひょ~最高!
テンションMAXで店に向かう。


1階席と2階席があるが、我々は2階のお座敷へと靴を袋に入れて上がる。

和室二間と日本酒用の大きな冷蔵庫が置かれた小さなバースペースがあるのだが、なんかふつうのおうちみたい(笑)

Nさん「ここに住みたい♪」っていきなり気に入ってたよ。

乾杯!

久々のアサヒスードラ乾杯であった(笑)


よくある居酒屋的な酒揃いの一方で・・・


「鳥のぶ」は焼酎、ワイン、日本酒の揃いも素晴らしいのだ。



135ml ALL550円って!
さらにテンションがあがってしまうじゃないか!


「鳥のぶ」の名の通り、焼鳥や鶏料理がウリで、メニュートップには地鶏の刺身が来ている。


パスタやオムライス、チャーハンもあるんだ。
美味そ~、〆まで完璧だな。

でも、夜の炭水化物は控えてるんで、見なかったことにしておこう(^^;



そして、圧巻はホワイトボードにある〈本日のおすすめメニュー〉だ。
鶏料理もさることながら海鮮系や肉系も素晴らしく、片っ端から食べたくなってしまう。


まずはポテトサラダで様子見。
ん!?
プチトマトの散らし方がただの居酒屋じゃないな。


白海老かき揚げ
上品だ。


しめ鯖
こ、こ、この〆具合、マーベラス!
器も盛りつけもお洒落だし。


Nさんとは日本酒をしこたま飲みまくってきた仲なので、今日もとことん飲むぞ~

町田酒造(群馬)メニューに新潟ってあるのは間違いだね

鳳凰美田(栃木)

栄光富士(山形)

キターーーーーーー!
黒毛和牛うに巻き!!


ひょえ~、なんて贅沢なコンビなんでしょー。
ひとくちでパクッと。

口に入れたとたん言葉を失い、心の中で叫ぶ。

うまいにきまっとるやろ~


宮泉(福島)

一白水成(秋田)

二兎(岐阜)

やっぱり鶏も食べようってことで、地鶏刺6点盛り合わせ。
美しい♬


ねぎま


出雲富士(島根)

賀茂金秀(広島)

雨後の月(広島)

かわ、ぼんじり、せせりだったかな・・・


〈プロ飲み手〉が唸る理由がよ~くわかったよ。

料理はどれも手がこんでいて秀逸。
お酒のラインナップも抜群。
そして、コスパも良いとなったら、そりゃぁ混むよね(^0^;)

またひとつ酔いお店で出逢えました。

さぁ、Nさん、Hさんも合流したことだし2軒目に行こうか。


鳥のぶ
荒川区西日暮里2丁目48-5
03-3891-3691


♨♨♨本日のひとっ風呂♨♨♨

「鳥のぶ」の前にぽっかり時間が空いた。
ひとり0次会も考えたが、Nさんとは毎度毎度懲りずにへべれけになるまで飲むので、
ちょっとセーブしておこう。

となると銭湯でひとっ風呂が飲み会前のルーティンなのだが、日暮里の斎藤湯は入湯済みなので、日暮里・舎人ライナーに乗る。

実はこれが日暮里・舎人ライナー初乗車なので、ここでもテンションがあがってしまう。



そして、2駅目の「赤土小学校前」で下車し徒歩2分ほどにある「ニュー惠美須」へ。


関西ではよく見られる流れ風呂スタイルに感動。
水風呂がないのはさかばクン的には痛かったけど、湯種が多くて楽しめる銭湯だね。

▼「ニュー恵美須」の流れ風呂についてはこちらで詳しく紹介しているのでどうぞ
https://tokyosento.com/column/21146/



2 件のコメント:

  1. こんにちは、酒のラインナップから察するにかき沼調達でしょうか。日暮里ではめったに飲まないですが行ってみたいです。

    返信削除
    返信
    1. こんにちは。
      どちらも日本酒好きなので、がんがん飲み攻めてしまい、ちょっといいお値段してしまいましたが、ふつうに飲むのならかなりCPのいい居酒屋だと思います。
      ぜひ、ぜんさんも攻めてみてください。

      削除