2019年1月10日木曜日

【喜酔人合宿➍・2日目朝】湯あそびひろば 二宮温泉+朝呑み 楽酒(神戸三宮・元町)

【喜酔人合宿】は朝から容赦ない。

ゆうべ2時近くまで学生のような部屋飲みをしていたというのに、男子班は7時45分にロビー集合という鬼指令。
ぴょんさんだけゆっくり朝寝坊ね(^^;

なんでそんな早いかって。
そりゃぁ、朝風呂に入るからっすよ(笑)

寝ぼけ眼には眩しすぎるぜ。
神戸の朝。


メインの大通りを渡り、ヤマピカちゃんの勤務先があったビルを拝み、小さいお店がひしめき合う二宮市場を通り抜け、JR三ノ宮駅の北側、DEEPな雰囲気が漂うエリアへとやっててきた。


ここに朝湯が楽しめる銭湯があるのだという。


その名も、「湯あそびひろば 二宮温泉」である。
よ~し、遊んじゃうぞぉ♪


午後2時から翌朝10時までオールナイト営業なうえ、年中無休という実にエキセントリックな銭湯なのだ(^_^;)



温泉を称しているものの、どうやら天然温泉ではなくフツーの銭湯のようだ。
薬湯と炭酸泉がウリなんだね。


朝湯どころか朝酒もいけちゃうのか!


朝の脱衣場は思ってた以上にごった返していた。

夜勤明けの方。
朝まで呑んでた方。
夜行バスで三宮に着いたばかりと思われる大きな荷物を抱えた方。
そして、風呂バカトリオ・・・😆

三宮エリアでは貴重な銭湯だし、歓楽街にあるだけにかなりの朝風呂需要があるようだ。

お風呂は関西式の流れ風呂になっていて、奥の浴槽は水深120CMとなかなかの深風呂だ。150CM以上は入浴不可って書いてあったのにはビックリだ。

手前に普通の深さの浴槽もあるにはあるが、
この銭湯、完全に子どもは相手にしてないように思う(笑)

こんな朝風呂から新たに合流するメンバーがいる。
今回の合宿メンバー最年少となるT氏Jr.だ。

夜行バスで三宮に到着次第、この「湯あそびひろば」に直行し合流することになっているのだ。

50代T氏、40代さかばクン、30代ヤマピカちゃんの〈風呂バカトリオ〉に20代の新メンバーが加入し、風呂バカカルテットの結成だな(笑)

そして、我々が入浴していたらT氏Jr.が予定通り入ってきた。

いきなり全裸での挨拶となる(^_^;)

湯あそびひろば 二宮温泉
神戸市中央区二宮町4丁目2−18
電話: 078-291-0260

********************

風呂を出たカルテットが向かったのは三宮アーケードにある「朝呑み 楽酒」だ。
三宮というより元町に近い場所だね。


「朝呑み」とわざわざ店名に謳うだけあって、毎朝8:30から営業開始していて、しっかりモーニングセットなんて美しいメニューがあるのだ。


こっちは「朝シャンセット」。
朝シャンって、いまの若者知らないだろうな・・・


L字カウンターとテーブル席が少々。
完全なスタンディング形式で、我々は奥の2人用テーブル席と向かいのカウンター席を横並びで使わせてもらう。


2018年4月のオープンというからまだ1年経っていないんだね。



ここも生ビールはプレモル。
瓶ビールは赤星、キリンクラシックラガー、アサヒスーパードライと、4社そろい踏みなのだ。

昨日の「朔一」もだったけど、4社とか3社とかの大手ビールを揃えておくのが関西流なのかな。
関東だとお店に置いてあるビールはたいてい1社と決まっているよね。。。。


この旅では最初の赤星となるが、最近は関西圏での赤星売り上げが好調と聞く。


風呂バカカルテットで乾杯 (^O^)/\(^O^)(^O^)/\(^O^)


どて焼き
これは食べておかないとね。
ぷるんぷるん♫
酒粕がとっても効いていてうまい!


生け花が巧みに配されたカウンター、スッキリとオシャレな店内である。
この時間帯は店主(?)と女性の店員さん3名で回していた。


案外、東京の居酒屋では食べられない千枚漬。


夜行バスで着いたばかりのはらぺこT氏Jr. は噂の「モーニングセット」を注文。
まずは冷奴とらっきょうだ。


そして、TKG(卵かけご飯)
卵と醤油を先にかき混ぜない美味いTKGの食べ方をヤマピカちゃんが一生懸命T氏Jr.にレクチャーしていた。


我々はおでんをつまむ。
たまご


お麩のおでん
お麩っておでんにしても美味しいんだね。
オーダーを受けてから作るようで、とろろ昆布がのっていて、実にやさしい味わいだ。
これは家でもやってみたい!


赤星を呑みきったら熱燗が欲しくなったよ。

定番は「白鶴」のようだが、ほかのお酒も燗をつけてくれるというので、私は「奥丹波」にした。


あったまるね~


こんな壁メニューを見つけたら、どれか頼んでみたくなるもの。
鮮魚や野菜を届ける業者さんがちょうど今日の食材を卸しにきていたのだが、その業者さんにオススメされた下足焼を追加する。


タレとかなく、塩だけのシンプルな下足焼。
熱燗とよく合う。


お店は飲み屋街ではなく、ふつうのアーケード商店街のなかにあるので、
「朝から酔客があふれているこのお店ってなんだろ?」って顔をしながら店の前を通っていくのが面白い。

いやぁ、朝呑みできちゃう立ち飲み屋さんって素晴らしい!
東京には"ありそでない"タイプの立ち飲み屋さんかも。

このお店をまるごとお土産で東京に持って帰りたいわ(笑)

さてと。
このあたりで引き上げますかね・・・

お昼はゴージャスなランチが待っているので、飲み続けたい気持ちをグッと抑えて、ホテルに一旦退却するのだった。


朝呑み 楽酒
神戸市中央区三宮町3丁目9−24 月原ビル

(❺へつづく)






0 件のコメント:

コメントを投稿