2018年2月21日水曜日

【こんな奇跡ってあるのかっ!】串木乃(渋谷)

今年の大河ドラマは「西郷どん」。
これからドラマの盛り上がりとともに鹿児島県が注目される1年になるだろう。

何を隠そう、さかばクンの本籍地は「鹿児島県」でごわす😠

鹿児島県に住んだことはないし、訪れたのも5回ほどだと思うのだが、
父親の生まれが鹿児島県ということで、本籍地は私も鹿児島県なのだ。

だから、甲子園は鹿児島県代表も応援するし、
鹿児島出身の野球選手、力士、女優さんなどはどうしても気になってしまう。

気になるといえば、
山手線の車窓からも見えるこの「串木乃」という看板もそうだ。

父の出身が鹿児島県串木野市(平成の大合併で現在はいちき串木野市)なので、
「串木乃」という看板を見ればすぐに串木野を連想するし、
おそらく串木野出身の方がお店をやっているんだろうなぁと推察していた。

ちなみに、いちき串木野市で有名なのは、野球とサッカーが強い神村学園高等部かな。
2005年春の選抜で準優勝したときの投手が、
今シーズンから巨人にFA移籍してた野上亮磨だ。

そんな串木野と縁のある呑兵衛さかばクンとしては、
ぜひ一度「串木乃」を訪ねてみなければならないと、
半ば使命感のようなものすら抱き続けてきたのだ。

そして、渋谷での飲み会が早く終わったこの日。
ほろ酔いの勢いを借りつつ、いよいよ「串木乃」の戸をくぐることにした。


カウンター6席ほどの小さなお店には、
若い男子3人組ときれいな女性の常連さんがおひとり。

私はその間に座らせてもらう。

「はじめて?」と割烹着姿の女将。

「はい、はじめてです。父が串木野出身でこの店名が気になって来ました」

「串木野はどこね?」

「はい、島平です」

「私たちも島平よ」

およよ。なんだかおかしなことになってきたぞ。

どんどん場所が狭まっていく。

ならばと名刺を差し出し、私の名前を告げる。

私の名刺を見て、
御年80歳になるという女将さんも一緒にお店をやっている妹さんもビックリ!

なななななんとぉぉぉぉぉ!
二人とも父のことをよ~く知っていたのだ。

「串木乃」という店名なので、
父の田舎である串木野の話でもできたら楽しいかなと思って入ったわけだが、
まさかこんな奇跡的な出逢いにめぐり逢うとは!!!

女将さんが「ルース台風のときに(父に)助けてもらったのよ~」という。

ルース台風ってのは、1954年10月14日、まさに串木野市付近に上陸した台風で、
死者572名・行方不明者371名という甚大な被害をもたらした。

このルース台風、とてつもない台風だったようで、
観測史上第2位(69.3m/s)と第3位(67.1m/s)の最大風速を記録しており、
海辺に近い父の家も、女将の家も、台風で流されたらしい。

う~ん、そんな話を聞いてもまだ半信半疑。

本当にこの女将と妹は、父のことを知っているのだろうか。
酔った頭がプチパニックを起こす。。。

あれこれ父の情報を小出しにしてみたら、
父の弟、妹の名前もわかるし、出身大学も知っていた。

こりゃ、間違いないわ~~~


こんな奇跡ってあるのかっ!

回りのお客さんもこの目の前で起きているミラクルな情景に驚いている。
そりゃそうだよね。。。

焼酎のお湯割りをもらう。
当然、なにもいわずに芋焼酎。

いちき串木野市のおとなり薩摩川内市の芋焼酎「田苑」だ。

芋焼酎に合わせるのも当然、さつま揚げ。
鹿児島ではさつま揚げとは言わずつけ揚げ。

我が家でも串木野の「勘場蒲鉾店」からつけ揚げを毎年送ってもらっているが、
「串木乃」はずっと「日高水産」のつけ揚げを使っているそうだ。


嬉しすぎて、楽しすぎて・・・
「田苑」、何杯おかわりしたか覚えてない(^^;

明太子も追加したんだった。。。


そうそう、大事なことを書かないと。

「串木乃」は写真撮影NGです。

「手元の料理だけ」ということで女将にお許しをいただき、
さつま揚げと明太子はスマホで撮らせてもらいました。


いやぁ、なんて居心地が良くて落ち着くお店なんだ。

意外と若いお客さんが多いのも、
女将さんと妹さんの優しい笑顔に会いたくてみんな来てるんだろうな。
こういうお店がかえって若い人には新鮮だよねぇ。

聞けば、「串木乃」は1970(昭和45)年からやっていて、
「のんべい横丁」にある現役のお店では2番目に古いんだって。

まさに《昭和酒場遺産》である。




酒の神様に感謝なのか、女将たちに感謝なのか、父に感謝なのか、
よくわかんなけいど・・・

とにかく、ほんとうにありがとう。
若い頃の父を知るお二人のお店で呑めるなんて実に幸せだ。

酒場を巡っているとこういう"奇跡"もあるんだよ🌟

なんだか泣きそうなくらい嬉しい夜だったよ・・・😭

再訪を約束して店をあとにしたのだった。




串木乃
渋谷区渋谷1丁目25−9
電話: 03-3407-5535


********************


翌日、すぐに「串木乃」での"奇跡"を父と母に報告。

すると父は目をまん丸にしてビックリするとともに
「おてんばだったけいこちゃん(女将のなまえ)が渋谷で頑張ってたのかぁ~」
としきりに感動していた。

でも、ルース台風のときに助けられたという女将が語ったエピソードを
父は覚えていなかったんだけどね(笑)



0 件のコメント:

コメントを投稿