2018年4月27日金曜日

【西武大久保では】イスラム横丁でヒヨコ豆(西武新宿)【いかんのか?】

こんばんは。こめまるです。今週はまだ飲んでません。

20年近く習慣となっていた安酒大量家飲みをストップして1、2週間は「目覚めがいい!コーヒーが美味い!」と感心していたのが、最近はそれが当たり前になってしまって何の感慨もありません。毎日が単調になった感じ。うーん。詰まらん。
逆に「酒飲んでない。詰まらん」って程度ということは、アルコールの禁断症状ってやはりそこまででもないな、と再認識です。アル中に至るにはトラウマとか強烈なストレスとか依存性格とか、別のファクターがあるんだろうなぁブツブツ。

さてさて本題。

「それほど美味いもんじゃない」けど、何となく繰り返し作る料理ってありますよね「それほど美味いもんじゃない」ってところがミソで、不味くはない。冷蔵庫にあったらあったで助かる一品です。
 そういえばちょっと前に流行った「作り置き」なんてそんなんばっかりか。

私の場合、ひよこ豆の水煮なんて地味なものを時折作って、ポクポクと食べてますね。

ご想像の通り、美味いもんじゃありません。何でわざわざ作って食べるのか自分でもよく分かりません。分からないまま、数ヶ月に一度、1、2カップを一晩水で戻して、"へたり"のきた安物の圧力鍋で水煮を作り、一人でポクポク食べてます。

先日とうとうひよこ豆が切れたので、新大久保に買いに行ってきました。

西武大久保もとい西武新宿の北口から出て職安通りを渡って新大久保を目指します。


それにしても、西武新宿って微妙なネーミングで微妙なロケーションですよね。

「新大久保の方が近いんじゃないの?」なんて揶揄されたり。

「いやいや、何が近いって歌舞伎町が一番近い」ってこれはフォローにもならず。
でも「歌舞伎町駅」ってなかなかカッコよくないですかね。ダメかな。「次は終点、歌舞伎町〜」。む。気が引き締まる思いです。そうか。来てしまったか。みたいな。では「西武歌舞伎町線」の路線価値はどうなるのか。「西武大久保線」と比べてどうか。あるいは「西武小滝橋通り」ではダメなのか。

などと考えてるうちにちイスラム横丁です。念のため、イスラム横丁って言葉は大げさだと思われる旨、記載しておきます。

新大久保駅にほど近いイスラム食材店。


中はすごく楽しいですよ。料理好きお父さんは必ず行くべきです。そして謎の調味料とか日本のスーパーでは見かけないスパイスとか豆とかキロ単位で買い込んで下さい。帰宅して奥さんに嫌味を言われるまでが遠足です。

ここでひよこ豆を買います。ラベルが日本語メインなのが却って不思議。


ひよこ豆って普通のスーパーでは売ってなくて、割と高級なスーパーで小分けで売ってると思います。それと比べればキロ 350円はかなり安い。はず。

こいつを水煮にしてポクポクとそのまま食べるわけですが、ちょっと気が向いたときに作るのがフムス。

これも最初に作った時は「何じゃこりゃ?レシピ間違えたか?」くらいに思いましたね。要するにひよこ豆のペーストです。

最初にホールクミンを砕きます。


水煮ひよこ豆を投入。


すりおろしニンニク、カレー粉(なので最初のクミンは必須ではない)、塩小さじ1とか(少なくてOK)、レモン汁を適当に入れます。



撹拌します。(これはマジックバレット。あまりお勧めしません。いつかフープロに買い換える予定)


完成。の一歩手前。


タッパーに入れるときに、オリーブオイルをたっぷりと注いで混ぜてやります。

これで完成。

ああああ!!!スリごま入れ忘れた!!
今記事書きながら気がついた。(実話)

試食しても気がつかんかったな。

ゴマの風味は割と有効なので、入れた方が良いですね。

いずれにせよ、地味な味ですけど。
不思議と何度も作ってモソモソ食べてます。

何も考えずにできるわりには意外とおしゃれ系ですかね。小賢しくクラッカーに乗せたりなんかすると、白ワインとかビールとかウィスキーソーダとかに合うと思います。

おしまい。

0 件のコメント:

コメントを投稿