2018年7月5日木曜日

【ランチメニューの隠し玉「やみつき魯肉飯」】台湾食堂 帆(新大久保)

◎◎◎コリアンタウンで何カ国の料理を味わえるのか~4カ国目:台湾◎◎◎

コリアンタウン新大久保で、あえて韓国料理を食べずに世界を旅するシリーズ。



4カ国目は台湾国じゃないとかそういうのはナシね(^^;

大久保通りにやたら「台湾」の文字が目立つ看板があったので、入ってみることした。


おとなりのチーズタッカルビのお店と間違えられちゃうんだろうな。
入口には「こちらは台湾料理 ヘランとなり」と注意書きがされていた(笑)

確かに入口がちょっとわかりにくいのだ。


ランチメニューはこの8種。

呉さんがつくる大餃子ってのが推しのようだが、
餃子では台湾っぽさがない。

台湾ラーメンと台湾まぜぞばにいたっては、台湾料理ではない。
名古屋メシだ(笑)

どれにしようか迷いながら店内へ。


ブデチゲ店とは違って、店内に韓流好きの女子はゼロ。
リーマン、OLがめだつ。
ひとり客も多い。

ホッとする(^^ゞ

おや?
魯肉飯(ルーローハン)があるじゃないか!


ランチメニューの隠し玉にれっきとした台湾料理である「魯肉飯」があったとは。

即決。
これにしょう♪


魯肉飯(ルーローハン)は、
豚肉を甘辛い煮汁で煮込んだものをぶっかけて食べる台湾のポピュラーメニュー。

魯肉飯には煮玉子がよく添えられているが、こちらはぷるんとした半熟味付玉子。
青梗菜がまわりに彩られ、たくわんが二切れ。
ビジュアル的にとても美しい。

そして、油揚げのゲキアツ味噌汁が添えられてきたのは実に日本的だ。たくわんもか


豚肉を煮込むときに用いる八角の香りが私は大好きなのだが、
このフレーバーが苦手って人もいるだろうな・・・


煮汁も入れるのでごはんの下は、ややつゆだくとなって、これがまた美味い!


ごはんの量が控えめなので、+50円で大盛りにしても良かったかな。
でも、680円でこんな美味しい魯肉飯が食べられるのか、いい店を見つけたわ。

ほんとに"やみつき"になっちゃうかも。


ただ、肝心要のこの店の名前がよくわからない。

通りの看板には「呉さんの大餃子」としか書いてなかったし、
入口には「台湾食堂」と書いてあったように思うが・・・

あとでしらべたら「台湾食堂 帆」というようだ。

今度は呉さんの大餃子が5ツついてくる大餃子定食にしてみよ。
魯肉飯よりさらに安い税込580円だものね♬


台湾食堂 帆
新宿区大久保1丁目15−18 みゆきビル
電話: 03-3205-6968



0 件のコメント:

コメントを投稿