2018年3月1日木曜日

【なんでWCがないんだ!?】代々木名物大学定食 しょうが亭(南新宿・代々木)

われわれ団塊ジュニア世代にとって、
「代々木」と言えば、やっぱり「代々木ゼミナール」が真っ先に頭に浮かぶ。

私が大学受験をした1990年代前半は、
「一浪はひとなみ」なんて言葉があったくらい、浪人はごくふつうのことだった。
かくいう私も「ひとなみ」だ(^^;

なので、この時代は予備校も今よりはるかに活気があったと思う。

《生徒の駿台、講師の代ゼミ、机と椅子の河合塾》なんて言われた三大予備校は、
どこも満員で名物講師の授業には立ち見もいたほどだ。
私は「机と椅子」のところに通っていた(^^;

漫画『冬物語』やドラマ『予備校ブギ』なんていう、
浪人生が主人公の作品も人気だったよね。予備校ブギの脚本は遊川和彦。息の長い脚本家さんだ。

そんな時代の代々木は《代ゼミの城下町》として、
「来年こそは合格するぞ!」と燃える若者であふれていたように思う。

おそらくここ「しょうが亭」もかつては予備校生で賑わい、
若者の旺盛な食欲を満たしていたのだろう。


平成30年2月某日。

店内に入ると、予備校生はおらず、スーツ姿のオッサンばかり。
今ではサラリーマン御用達になっているようだ。

赤いチェックのクロスがかかったテーブルが昔ながらの洋食屋さんって感じで懐かしい。


そして、その《城下町》の名残が、大学名を冠したメニューの数々なのだ。
店名にもわざわざ「代々木名物大学定食」って謳っているものね。

さ~てと。

どこの大学にしようかなぁ~~~

ここはいっちょ、東京大学にするか。

天地がひっくり返っても入学できないんだから、
せめてこんなときくらい「東大!」って元気にコールするのも気持ちよさそうだ。


およよっ!
東大以上に絶対入学できない大学を発見!

女子大だ・・・これは受験すらさせてもらえない(笑)

「聖心女子大」とか「白百合女子大」なんてフレーズ、口にしたことないな(^^;
オッサンが恥ずかしそうに「白百合女子大、お願いします」なんてのもアリか・・・。


いやいや。
進路を決めるときに名前だけで大学を選ぶのはよくない(笑)

ちゃんと大学の中身を見て決めないとね。

大学定食は、ハンバーグやチキンカツの単品だったり、これらにエビフライ、しょうが焼き、唐揚げ、目玉焼き、などが複雑に組み合わさったりしている。

しかし、なぜチキンハンバーグと唐揚げが聖心女子大で、
しょうが焼きとポテトコロッケが一ツ橋大学なのか、その根拠がさっぱりわからない。

だいたい一ツ橋大学ってのは実在しないしね(;゜ロ゜)


定食にはさまざまなトッピングができるようだが、
マヨネーズで50円取るってのはマヨラーとしては残念だ。


「しょうが亭」って言う店なんだから、
しょうが焼きは食べておきたい。

ここはやはり母校を選ぶべきだろう。

「学習院大学、大盛で!」
まさか自分の大学に「大盛」ってコールする日が来るとはね(笑)


実は、こちらの大盛、とんでもない白メシの量らしいのだ。

これもきっと予備校生で賑わっていたころからそうなのだろう。
楽しみ♪

「学習院大学」を待っている間も、
「日大!」「立教!」なんてオーダーが飛び交うもんだから、
なんか笑える。


学習院大学定食(950円)+ごはん大盛(100円)


しょうが焼きと唐揚げ2個
付け合わせはサラダとカレー味のマカサラだ。

いったいこのおかずのどのあたりが学習院なのか・・・
よくわからないけれど、とにかく美味そうだ。


そして、これが「ごはん大盛」!

「S&B 七味唐からし」を横に置いてみたので、その高さがわかるだろう。
焼肉 縁」の特盛ライスに匹敵するド迫力な量である。


しょうが焼きは、しょうが多めでタレ少なめ。
もうちょっとつゆだくだとご飯が進みやすいんだけどな。

デカ盛りライスと格闘するとき、一番気をつけなくてはならないのが、
おかずとご飯のバランスだ。

おかずばかり食べてしまうと、白メシだけが残りエライことになるわけだが、
ここまでは学習院らしくお上品に食べながら、順調に減らしてきたぞ。

具だくさんの味噌汁もおかず戦力になる。


そして、完食。

まだまだ若い奴には負けてられん。
団塊ジュニアの意地を見せてやったぞぉぉぉ(^0^;)


ふぅ~満腹。

そして、今一度壁に貼られたメニューを眺める。

ん?

むむむ。

慶応はあるのに、早稲田(W)がないぞ。

そして、MARCHのなかで中央(C)だけがない。

とんかつ定食やメンチカツ定食など大学名がついていないメニューもあるんだから、
全部のメニューに大学名をつければいいのに、なんでそうしないのかな。。。。



トイレはあるけどWCがない「しょうが亭」でした😓


しょうが亭
渋谷区代々木1丁目42-5
電話: 03-3370-3941



0 件のコメント:

コメントを投稿