2018年10月30日火曜日

【昇天!生ビール★セット550円!中華飲みの穴場 】天河←健康ランド末広湯(椎名町←要町)

10月10日は「銭湯の日」
ひとっ風呂浴びてかないとね

初訪問の要町にある「健康ランド末広湯」でさっぱり。

「銭湯の日」だったからなのか、タオルを無料で配っていた。
私としたことがタオルを持ち合わせていなかったのでちょうどよかった(^0^;)

肝心のお風呂だが、湯種は多いんだけど、なんとなくごちゃついて薄暗い店内は正直なところ好みではなかったな。。。


さて、帰りは要町に戻るのではなく、椎名町まで歩いて"湯上がりビール"の店を探すとするか。

ところが、ひそかに狙いを定めていたお店が定休日で撃沈。。。

あんまり悩んでいるヒマはないぞ。
このあとの予定が詰まっているんだから。

すると通りがかった中華の店頭POPにSAPPOROの文字。

生ビールセット550円とある。
湯上がりビールにはうってつけではないか。

ここ「天河」にしてみよう。

「TENGA」とあるから「てんが」と読むのだろうが、ローマ字表記だと男子はついつい別のものを想像してしまう(^^;

壁面左上にはお酒メニューとお酒のつまみメニューが掲示されているが、飲む客だとこの100円~300円の激安メニューが頼めるようだ。

ニラ玉200円、レバニラ300円とか、安っ!
サイズ感がわからないが、ひとり飲みにはなんともありがたいではないか。

SAPPORO店でもハイボールは角ハイなのね・・・

こっちは通常メニュー。
醤油ラーメン400円、玉子チャーハン450円って!!!
通常メニューもかなり安いじゃん!



うむ。
瓶ビールもしっかり赤星であったか。


餃子をのぞく生ビールセットがまず運ばれてきた。

えーーー! 
柿ピーもつくんかいっ!

別に柿ピーが欲しいわけではないが、冷や奴と餃子のほかにまだ柿ピーを添えちゃうお店のサービス精神にちょっと感動した。

あとから知ったのだが、10月10日は亀田製菓「柿ピーの日」なんだって。
もしやそれで柿ピーが添えられていたのか!? 
それは考えすぎかな・・・(笑)


そして、餃子。
フツーのサイズ、フル規格の1人前6コで登場。
生ビール単品が450円だから、餃子+冷や奴+柿ピーが100円の計算になる。

どんだけお得なんだ!


1杯目の生ビールは当然瞬殺。
餃子も残っているので、「黒ラベルお代わり!」


生ビールセット550円+お代わり生ビール450円=1000円
消費税もなく1000円きっかりのお会計。
もし、生ビールセットをお代わりして餃子二皿食べたとしても1100円だったてことか。

美しい!
TENGA、これってまさに穴場じゃん!

ごちそうさまでした。
今日は時間がなかったけど、今度は100円~300円つまみで飲みたいっす♪

「天河」の裏手にあった「魚料理 ひさ」が妙に気になったが、椎名町を離れ急ぎ保谷へ向かう。

なんで、保谷?
その話はまた後日・・・


天河
豊島区長崎1-5-2 福しん椎名ビル 1F 
03-8971-9001

福しんビル!?
メニューの雰囲気が福しんに似てるなぁ~って思ったけど、関係あんのけ?


2018年10月29日月曜日

【競馬ファン御用達、SAPPORO★三本柱で馬券も当たる!?】炭火串やき だるま(立川)

高校野球
母校の試合は残念ながら敗戦。。。

一緒に観戦をした野球部OBの先輩方と祝杯を挙げるつもりだったのだが、〈残念会〉となる。
そもそも勝っても負けても飲むことに変わりはないんだけどね。
みな飲む名目が欲しいのだ(^^;

ランチを食べた「レインボウ スパイス」の先にある
「炭火 串やき だるま」に飛び込む。


細長い店内。
カウンター席、テーブル席のお客さん、一様に競馬新聞を傍らに置きながら飲んでいる。

そう、WINS立川の目の前なので、競馬好き御用達の居酒屋というわけ。
しかもこの日はちょうど競馬開催日だったから店のTVは競馬中継絶賛放映中というわけさ。

メニューは串焼きを中心に一品料理も充実。
その日のおすすめは壁やホワイトボードにも書かれており、昔はどこにでもよくあったタイプの万能居酒屋だ。


生ビールは黒ラベル
そして、驚きが瓶ビールのラインナップだ。

なんと、黒ラベル・赤星・ヱビスと、SAPPORO三本柱がすべて揃っているのだ。
90年代巨人の三本柱であった斎藤・槙原・桑田のような完璧な布陣だ。

何も知らずにこの店に入った私のSAPPORO愛にも驚くが・・・

こちら競馬だけじゃなく相撲も好きなんだな。
「巨人・大鵬・玉子焼き」ならぬ「巨人・大相撲・串焼き」が大好きなさかばクンにはおあつらえ向きのお店じゃないか(笑)



どどーーん!
本日もSAPPORO黒ラベルでスタート!



メインレースが近づいている。
おとなりのファミリーは常連さんなんだな。
競馬を見ながらガッツリ"家族飲み"を楽しんでるわ。


ねぎま

ミックス焼き

カニクリームコロッケ

銀杏

日本酒は「国盛」

鳥ナンコツ

ピーマン肉詰め

しろ


カシラ

レバー


いか刺し

串物、どれもポーションがしっかりしているし、意外と美味い!  
最近立川まで来る機会が減っちゃったけど、WINSに寄ったときには酔いね。


ついつい母校の野球談義で熱く飲んでしまい、
気づけばだいぶ薄暗くなっていた。

先輩、ごちそうさまでした!



炭火串やき だるま
立川市柴崎町3丁目2−14 HK立川ビル 1F
電話: 042-522-1888

2018年10月28日日曜日

【"行きつけローテ"に新星★加わる】焼き鳥 春(石神井公園)

こうさんから思いも寄らぬ仕事の依頼を受けた。

とある飲食店で料理の写真を撮って欲しいというのだ。

「えっ? ド素人カメラマンなんですけど・・・」とお断りをしたのだが、それでも構わないということなのでお引き受けすることにした。

「じゃぁ、その打ち合わせを早速しましょう」おたがい飲みたいだけ(笑)

「焼き鳥 春」でミーティングとなった。


こちらもSAPPORO店で、生ビールと瓶は黒ラベル、サワーは氷彩を扱っている。
あれ、赤星も置いてったけ?


「春」は、おとうさんが串焼き、息子さんが料理全般、おかあさんがドリンクとホールを担当している。

まさに分業・協業による家内制「酒」工業が確立されているのだ。


実はこれまで3度こちらにはお邪魔している。

カウンター席だったりテーブル席だったりしたが、お三方とも揃ってシャイなものだから、3度とも話しかける糸口すらつかめずにすごすごと退散しているのだ(;゜ロ゜)

でも、今日は心強い!
10年以上通いつめている大常連こうさんが一緒なのだから。

今日こそ話すぞぉ!どんな意気込みだ(笑)


レギュラーメニューのほかに黒板にはその日のおすすめメニュー。


こうさん率いる草野球チームの活躍を報じる『東スポ』ならぬ、『楽スポ』(笑)が貼られていた。


ニラ玉

ササミチーズフライ

蒸発が早い(笑)


肉ナス味噌炒

もも・皮・ボンヂリ

シロ・ねぎま

氷彩プレーンに梅干しを入れるのがこうさんの定番だというので、私も右にならう。


日本酒もいただこう。
「南」(高知)

牛アカセン

せせり

サービスでお新香をいただいてしまった。
ごちそうさまです。


意気込みが実り、息子さんやおかあさんとお話しができた。

4度目にしてだいぶ近づけたぞ(笑)

「春」ってもう20年以上やっていると伺ってビックリ。

高架になる前って西武線が「ベルリンの壁」のように立ちはだかって北口エリアにはほとんど足を踏み入れなかったものな・・・

********************

そんで数日後。
撮影の打ち合わせをその某店に出かけておこなった。

打ち合わせを終えても一抹の不安が拭えないが、こんな経験はそうそうできない。
こうさんに感謝だ。

石神井に戻って来てふたたび「焼き鳥 春」で打ち合わせ。
5度目の訪問がこんなにすぐやって来るとは(^^;


お通しがあん肝!


カウンターの上にあるこれだな。
自家製あんきも、ほどよい柔らかさで美味い!


前回から間を置かずにに来たこともあり、すっかりお三方ともフレンドリーな感じでスタートできる。

やっぱりこういう風にカウンター越しにお店の方としゃべりながら飲むのが好きなんだよね~♫


チョレギサラダ

前回、売り切れていたハムカツリベンジ。

マヨをもらう(笑)



牛すじキムチ炒め
コチュジャンが効いていて美味い!

しろ

ぼんじり・せせり



2度の訪問ですっかり「春」の皆さんとも打ち解けることができた。
やっぱり常連さんに連れて行ってもらうって大きいよな。

おかげで"ひとりで気軽に立ち寄れるカウンター席"が石神井にまたひとつ増えちゃった。

ますます〈行きつけローテーション〉が忙しくなっちゃうなぁ(^_^;)


焼き鳥 春 ★月曜定休の多い石神井では嬉しい月曜営業店です
練馬区石神井町4丁目7−26
電話: 03-3904-3548