2016年7月9日土曜日

赤星を語る会 【A-side】 (サッポロビール本社)

恵比寿ガーデンプレイスにやって来ましたぁ!

何年ぶりだろ。

でも、目指すのは三越でもウエスティンでもありませんよ。


サッポロビール本社です。
さかばクン、20数年前にこちらの入社試験受けたことがあり、それ以来の本社訪問です。
もちろん落ちましたが・・・(涙)
まさかふたたびこの社屋にお邪魔する日が来ようとは(笑)


実は、さかばクンがTwitterでフォローしている酒場案内人の塩見なゆさんから
『赤星を語る会』というブロガーさんイベントがあるのですがいらっしゃいませんか?」
とのメールを突如いただいたのです。

わぁ! ビックリ!
塩見なゆさんといえば、2000軒以上もの酒場を巡られている“酒場スペシャリスト”。

塩見なゆさんのブログはコチラ→Syupo

そんな著名な方からお誘いいただけるなんて喜酔人blogも立派になったもんだ(笑)

でも、ブロガーが集うイベントなんて参加したことないんで、ひとりじゃおっかない。。。

ってなわけで、ヤマピカちゃんと参加してきましたよ~


サッポロビール本社の地下3階にある「秘密のビアホール」が会場です。
この会に参加された酒飲みブロガーさんは27名だそうです。

知っている方は誰もいません。
ヤマピカちゃんと端っこの方に陣取ります。

よーく冷えた赤星が我々を待っていてくれました。

ビアタンが足りなくなり、私たちはヱビスの少し大きめのタンブラーで乾杯します!

 

立ち飲みしながらブロガーさん達の交流がはじまります。

女性ブロガーさんや(女性の品格)、せんべろ探検家さんと(崖っぷち一平の酒場放浪記)と
ご挨拶することができましたよ。

おつまみも缶詰や乾き物が用意されています。
まさに赤星が似合う角打ち的な感じですね。


今回のイベント「赤星を語る会」は、
7月12日(火)に赤星の缶ビールが限定発売されるので、
一種の販促イベントとして開催されました。

サッポロ初のブロガーイベントとおっしゃていましたね。

呑兵衛には赤星で通っていますが、正しくは「サッポロラガー」ですね。
最近の酒場ブームの波もあり、震災で工場がダメージを受けた2011年を除いて、
販売実績は右肩上がりです。


赤星は今では珍しくなった熱処理したビールで、(キリンクラシックラガーも熱処理ビールですね)
1877年に醸造された日本でもっとも歴史のあるブランドです。

今回販売される赤星缶は、
ラベルに表裏あり、現在のラベルと1877年当時のラベルとがデザインされています。

販売前の赤星缶も飲ませていただきました♪


ジャンケン大会では赤星グラスを私もヤマピカちゃんもGET!
これはかなり嬉しい。
家宝にします(笑)




最後に、ちゃんと赤星について語らせてもらいましょう。
これがこのイベントの目的ですからね・・・

実は大学時代に通い詰めていた居酒屋の定番ビールが赤星だったんです。

当時は、赤星なんて愛称も知らず、
「あんまり見かけないラベルのビールだなぁ~」ぐらいに思っていました。

また赤星の味も苦手でした。

まだお酒の味を覚えたてだった若造には、
「苦み」と「酸味」が強く感じられ、その魅力がわからなかったのです。

それから十数年経って、だんだんお酒の味がわかってきて、
酒場の楽しみ方や嗜みも身につけていくと、
赤星の美味さにも気づきはじめたんです。

料理を選ばず邪魔をしない赤星のどっしりとした味わいは
ビールの王道だと思っています。

以来、赤星がある酒場では、このブログでもわかるように好んで注文しています。
わざわざ近所の酒屋で買ってきて家で赤星を飲むときもあるくらいです。

そんな私の「赤星愛」が伝わったから、お招きいただけたのかな・・・

でも、ちょっとこの会の趣旨には反してしまうのかもしれませんが、
正直なところ、缶の赤星は売り出して欲しくないんですよね。

赤星はやはり瓶でないと。

缶によっていままで赤星に馴染みのなかったユーザーを惹きつけようということなのでしょうが、
赤星のすばらしさって「いい酒場には赤星あり」みたいな、
絶妙なプレミアム感だと思うんです。

裏を返せば、適当な居酒屋に赤星は置いて欲しくないとも思っちゃいます・・・


さて、7月12日(火)に赤星限定缶の発売にあわせ、
「赤星探偵団」という公式サイトが立ち上がってます。

このなかで、この日のイベントに参加したブロガーさんがそれぞれオススメする
「赤星が飲める酒場5軒」が紹介されることになっていて、
「喜酔人は今日も直行直帰!」のオススメも掲載される予定です。

どこを推奨したのかは、ぜひ「赤星探偵団」をチェックしてみてください。
※現在(7/9)、掲載準備中です。



0 件のコメント:

コメントを投稿